前田様~、前田様いらっしゃいませんか?

2011年11月29日

前田様~、前田様いらっしゃいませんか?

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

宅配ピザの「ドミノピザ」が素敵なキャンペーンを展開しているのでご紹介します。

 

ドミノピザ、「メガネ割」「独り割」などユニークな割引クーポン

 

meganewari

 

メガネをかけている人は割引される「メガネ割」、1階に住んでいる人のための「1階割」など、空前の切り口での割り引きキャンペーンです。

これは当然ネットユーザーのあいだでの「こんなおもしろいのやってるよ!」という伝播を狙ったキャンペーンなのですが、、、このぶっとび具合がすばらしいですね。

「前田割」とかもう意味がわかりません。

 

 

みごとにTwitterでのRTも数多く獲得しているようで、試しにYahoo!でリアルタイム検索してみたのですが次々とRTされていました。

 

meganewari2

 

 

クライアントの皆様へのご提案においては、「これは通らないかもしれないなあ・・・」と思いつつもちょっと新しいことをひとつ入れるのを目指しているのですが、、、このアイディアを思いつく突飛さも提案に盛り込む勇気もありません。

脱帽です。

 

 

それではまたお会いいたしましょう。

 

それでは

スキーシーズン到来!

2011年11月28日

スキーシーズン到来!

こんにちわ、企画・営業部の藤田です。

北海道もすっかり冬のシーズンが到来しました。
スキー場も続々とオープン中という事で、複数のスキー場のサイトをチェックしてみました。

僕が小さかった頃は、インターネットが普及していなかった為、ゲレンデに行ってみなければその日の
ゲレンデコンディションがわからず、まずは行ってみようという感覚でしたが、現在では事前にコンディ
ションを調べてから、行く事が出来る様になっています。
今はあたりまえになっていますが、よくよく考えると便利になりましたね、凄い事ですね。

さてさて、今回はスキー場のサイトを見るユーザーがどのような目的で、どのような情報が欲しいのか?


・ゲレンデコンディションを調べたいユーザー
・宿泊情報を調べたいユーザー
・イベント情報を調べたいユーザー


など、用途に合わせた調べかたをすると思います。

僕が知っているスキー場を見て、それぞれのスキー場が重きを置いている所を調べてみましょう。
スキー場によって重きを置いている所が違うみたいです。

キロロリゾート

NISEKO

TEINE

ルスツ

TOMAMU

ONZE

札幌国際スキー場

ばんけい

意外な発見がありましたか!?
勉強になりましたね!

ユーザビリティが高いサイトを構築してWEBサイトの目的を達成しましょう!

それでわまた会いましょう!

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

2011年11月21日

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

ご存知のかたも多いかもしれませんが、Googleという会社の目的が

「世界中の情報を整理すること」

にあるのは有名です。 

 

google

 

さてそんなGoogleがまた新たなサービスを米国でローンチしました。

 

「Google Music」スタート 音楽を聴く・買う・配信するが可能に。

 

いつもながらの、著作権どうこうをクリアする前にこうやって既成事実をつくってしまうやりかたには賛否あることとは思いますが、、、良くも悪くも常識派の自分には到底できない仕事のすすめかたなので刺激になります。

 

残念ながらまだ米国だけでのサービスのようです。

日本でお目にかかれるかどうかはわかりませんが、、、ちょっと気になるニュースでした。

 

 

それではまたお会いいたしましょう。

「証拠」で安心感を高める。

2011年11月17日

「証拠」で安心感を高める。

Benefit(購入メリット)でサービスの購入メリットを打ち出した次はEvitence(証拠)でその信憑性を高めましょうと書いてあります。

以前読んでいた本にも、購入にいたる際には「本当に買っても大丈夫?」「大げさに言ってるだけじゃないの?」等のリスク回避の衝動が生じるので、そんな気持ちを払拭するためにマスコミ掲載履歴や実際に使ったユーザの感想などを述べて安心感を与えると良いと書いてありました。

服屋で買い物をする時の「お似合いですよ~」や「残り一個なんですよね~」「僕もこれ持ってるんすよ~」の殺し文句も
やはりこういった意味があるんだろうな。と、思いました。

オンラインで買い物する時には、下記のようにリアルタイムにコメントが寄せられているのが一番信憑性が高まるのではないでしょうか。ソーシャル恐るべし。

【ZOZO】
http://zozo.jp/shop/kbf/goods.html?gid=1096211&rid=1003

かといって、世の中には天邪鬼もいて「みんな持ってるから買わない」「誰も持ってないから買う」などの感情の持ち主もいます。

・・・難しいですね。



三谷 幸喜のプロフェッショナルとは

2011年11月11日

三谷 幸喜のプロフェッショナルとは

こんにちわ、企画・営業部の藤田です。

プロフェッショナルとは?の問いかけに、三谷 幸喜さんはこのように答えていました。

『僕の中ではそれはもう明らかであって、期待に答えることですよね。
自分のやりたいものをやるんじゃなくて、人が自分にやってほしいものをやるということですよね。』

www.nhk.or.jp screen capture 2011-11-11-23-13-31


と言っておりました。

この言葉は『クライストアドヴァンとして』何が出来るかを改めて考えさせられた様な気がします。

全てはお客様の為に!

それでわまた会いましょう。。

Feature(特徴)とBenefit(購入メリット)を混同しない、絶対。

2011年11月10日

Feature(特徴)とBenefit(購入メリット)を混同しない、絶対。

前回の流れから化粧品のページ構成について書かれていました。

商品ページの冒頭で「高知県産の海洋深層水で精製された化粧水」などとうたってはいけないとしています。
なぜかというと、化粧水を購入するユーザーが求めているのは”他より良い化粧水”であって”高知県産の海洋深層水”ではないからである。と

この場合、Benefit(メリット)を「年齢肌のための化粧水」、Evidence(論拠)を「マスコミ掲載多数」、Advantage(優位性)を「海の豊かなミネラルと浸透力」「海外コスメの半額以下」などと設定し、
Feature(特徴)のひとつとして「その秘密は海洋深層水」「安心の高知県産」と構成するべきだろう。と書いてありました。どんなに「良い商品」だとしても、ユーザー目線を無視した商品自慢は、売る側のエゴでしかない。順番を間違えないようにしよう。と言います。

同様に価格の安さ、内容量の多さも、それだけでは購入する際の決定打には成り得ないとあります。「価格がやすいから毎日使える」「内容量が多いから家族で使える」などと、具体的なシーン描写にまで落とし込んだ表現で訴求する必要があると結論づけています。

仕事や私生活において「〇〇側のエゴ」というのは非常に陥りやすいポイントなので、
意識が暴走していると感じたら一旦落ち着いて、「海洋深層水、海洋深層水、海洋深層水・・・」と頭の中で唱えれば、何がFeatureで何がBenefitなのかを冷静に判断できるようになるのではないかなと思いました。


ちょっとした遊び心で話題を

2011年10月18日

ちょっとした遊び心で話題を

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

昨日のYahoo!ニュースで北海道のこんな話題が出ておりました。

 

北海道放送のラテ欄が遊び心ありすぎ

「ラテ欄」というのは、いわゆるテレビ欄のことらしいのですが、北海道放送が担当している野球中継のラテ欄がおもしろい、と。

 

「残り52試合を勝ち進め暑さに負けるなF戦士 お互いの力を出し合い見せてくれプロの技を 舞台の千葉へ声援を送る いつもの父娘は?」

 

最後の一文だけ少々「??」と感じますが、まあふつうの文章ですよね。

 ただ、これを紙面でみるとこうなります↓。

 

hbc

 

行頭が、まさかのタテ読み。。。

 

これに気づいたひとたちが2ちゃんねるなどで話題にしているようです。

気づいたときの気持ちを想像すると、、、たしかに「わーこれ見てみてよ!」とだれかに話したくなりますよね。

 

これで思い出したのですが、同じようなことが半年前にも話題になっていました。

 

思わず拝みたくなる?「築地本願寺」のサイトに隠されたアスキーアート

 

temple

 

 

つくり手のちょっとした遊び心が話題を呼ぶこともあるのですね。。。

こういう、仕事を楽しむ姿勢は大好きです。

 

 

それではまたお会いいたしましょう。

WEB用語を確認しましょう!

2011年10月17日

WEB用語を確認しましょう!

こんにちわ企画・営業部の藤田です。

今回はWEB用語を解説付きで3つあげてみました。
知っている方も多いと思いますが、知らない方は用語の意味をここで覚えましょう!!

【CMS】
CMS(Content Management System)は、コンテンツを分析し、統合的に管理し、情報配信を
可能にするシステム。コンテンツ管理システムと言われることもある。あらかじめコンテンツの
情報を分析し、管理方法やWebページ上での見せ方など設計を行い、それに沿って作成された
デザインテンプレートとデーターベースを使って簡易に大量の情報を管理・配信可能とする。
CMSのシステムには、SPAやOracle、IBMなどの有料システムがある一方で、オープンソースの
CMSも数多くある。
また、ブログシステムも広い意味でCMSの一つと考えてよい。

【クラウドコンピューティング】
クラウドとは雲(cloud)のこと。インターネット上に情報を集約するさまざまなITサービスの総称。
もともと、ネットワーク図を描く際、インターネットの部分を雲のイラストで示すことが多かった
ことが、ネーミングの由来と言われている。従来のコンピュータは、ローカルコンピュータにハード
ウェア、ソフトウェアがインストールされており、データを保有・管理していたが、データ、ソフト
ウェアなどをインターネット上に保存し、どこからでも最新の情報を取り出して利用・加工したり、
同じデータをモバイル端末と組み合わせて利用するなどといった考え方のサービスが提供されている。
普及しているサービスのおもなものとして、ネットワークストレージ、仮想化サーバ、仮想化された
アプリケーションサーバなどがある。

【データベース】
データベースとは、データを一定のルールで蓄積したもの。データを蓄積し、検索や取り出しが
可能になるようにしたものをデータベースソフトまたはデータベース管理システムという。住所録
やExicelでつくられた表もデーターベースの一種だ。データーベースの考え方には、カード型
データーベース、リレーショナルデータベース、オブジェクトデータベースなどがある。現在はリ
レーショナルデータベースが主流。必要な情報を蓄積してデータベース化することにより、情報
をさまざまな切り口から再利用できるようになる。たとえば、ユーザーがWebから登録した顧客
情報を蓄積しておき、一定の年齢層、性別のユーザーのみを抽出してメールを送ったり、ある
製品を購入したユーザーに同じ製品を購入した他のユーザーが買った製品を宣伝するなどと
いったことができる。

どうでしたか?知っていましたか?
参考になれば幸いです。

それでわまた会いましょう!

東日本大震災から7ヶ月

2011年10月7日

東日本大震災から7ヶ月

こんにちわ企画・営業部の藤田です。

3月11日に発生した大規模な地震災害から約7ヶ月の月日が流れました。
現在でも復旧活動は続いており、たくさんの人達が 『力』 を必要としています。

以前よりメディアで被災地の情報や状況が取り上げられておりませんが、引き続き募金や物資の支援が必要とされております。

被災地の方々の為にも、自分が出来る事を『今』していきましょう!

ツイッター・ミクシィ・フェイスブックなどで復興支援などの情報を共有するなど、募金や物資の支援以外でも出来る事はたくさんあります。
上記を利用した情報発信は本当に本当に『大きな力』になると思います。
情報発信されている情報を見ているだけではなく、被災地の方に少しでも『力』になると思った情報は積極的に情報発信していきましょう。

【復興支援サイト】※下記サイトにたくさんの情報があります。
http://shinsai.yahoo.co.jp/

shinsai.yahoo.co.jp screen capture 2011-10-7-22-41-47


それでわまた会いましょう!

魅力的な「購入メリット」を作る。

2011年10月6日

魅力的な「購入メリット」を作る。

ランディングページを作る上でまず一番始めに掲載すべき要素は「購入メリット」だとあります。
前述のようにパッと見で右脳に働きかける役割を担っているので共感を産む写真と良い意味で引っかかるコピーを使いわかりやすく構成しましょう!と。

しかしそれらを作る前に「どんな購入メリットを訴求するか」を考えなくてはならないと書いてありました。
たとえばギフト商品であれば「送られた側の笑顔」や「贈った自分の株が上がること」などです。
食品であれば「美味しい物を食べたい」だけではなく「いつもよりちょっと豪華な家族団欒」や「外食より断然安い」なども効果的だそうです。ビデオカメラであれば「子供の思い出を大切に残しておきたい」などなど。
「単なる商品」の向こう側には、それぞれの生活と思いがあるものだといいます。購入者の立場になってイメージすると、よりリアルな購入メリットが見つかるはずだと書いてありました。
プランナーもそうですが、手を動かしデザインする側もこうした意識があれば写真の選び方、フォントの選び方、
余白の取り方、罫線の太さなど、製作時のもろもろの判断基準の精度が向上するのではないかと感じました。