投稿者のアーカイブ

2011年7月9日

男子力ってなんじゃい。

お昼休みに近くの高田屋さんで、本を読んでいたら「女子力」について書かれていました。

 

女子力ねぇ、なんて話していると、ふと「男子力」ってあるの?
なんていう方向に。

 

そんな訳で、本日は男子力についてちょっとだけ調べてみました。

 

そもそも、男子力なんていう言葉は世の中にどれほど浸透しているのでしょうか?
Yahooのブログ検索でキーワードの注目度を見てみました。

 

 

Yahooブログ検索でのキーワード注目度です。

Yahooブログ検索でのキーワード注目度です。

  
 
比較対象が「女子力」にしてしまったので、皆無に等しい数値になっていますが
多い時で日に5件ほどブログで書かれているようです。
 
でも、そんな程度のようですね。キーワードアドバイスツールで表示された数値も、かなり低い物でしたので
「男子力」という言葉は、世の中ではほとんど使用されていないことが分かります。
 
男子力で検索して上位に出てくるサイトを、あれこれ調べましたが「なるほど!」という
明快な答えが見つかりませんでした。

 

なんだか、異性からモテる度合いといいますか、そんな感じばかり。
あるいは「男らしさ」という人により感じ方が違う抽象的な意味合いだったり。
 
一方で女子力は・・・
「同性、異性から素敵な人と思ってもらえるよう、努力する力」と書かれているサイトがありました。

 

なるほど、つまりそういうことなんですね。
具体的な内容ではありませんが、定義とはそのようなものですね。
 
ちょっとモヤモヤしますが、今日はこの辺で。
 
2011年7月1日

最近のお仕事

最近のお仕事内容を振り返ってみますと、少しいつもと違った業務が多く
新鮮な気持ちで取り組むことが出来ました。

 
ipadのアプリもそうですが、パンフレット制作関係や会員カードだけで行う顧客管理と販促案、
よさこい一番街の設営お手伝い、ショッピングサイトの商品撮影立ち会い、サイネージ関係、、、、

 

といった内容で、従来のWebマーケティングから少し離れたところで、様々なアイディアを
絞ってみました。

 

限られた条件の中で、今よりもお客様に満足して頂けるアイディアを
これからも出していければと感じた1ヶ月でした。

 

今日はこんなところで。

2011年6月16日

【2】提案の引き出しを多くするために必要な5つの習慣

前回からの続きです。

 

提案の引き出しを多くするために必要な5つの習慣

 

【実際に体験する】

 

先日、開催してました「YOSAKOIソーラン祭り」もそうだと思いますが
踊りに参加する、運営に参加する、実際に観に行くといった体験をしないと
感動や共感、大変さ、ワクワク感などを感じ取ることが難しいと思います。

 

何かを体験することで物事が自分事化し、知識と組み合わせた
提案が出来るのではないでしょうか。

 

———-

 

【1つのテーマを掘り下げて深い知識を得る】

 

掘り下げなければ手に入らない知識=専門性はオリジナリティを高めます。
その他の知識と組みあわせることで、その人にしか生み出せない
貴重な提案が生まれます。

 

専門性を持つことは、自分自身の強みをさらに高めることになります。

 

———-

 

【統計データを見る】

 

何かを考える際に、洞察はとても重要になります。
また、新たな切り口を見つけることも提案においては大切なことです。

 

色々な統計データを見ることで、今まで気がつかなかった情報や
世の中の動きを知るキカッケを貰えます。

 

例えばですが札幌市ですと・・・

 

母子家庭の年収は?

 

東区に住んでいる方の平均年収は?

 

などなど、あまり見かけない統計データは
頭の中に入れておくことで、様々なシーンで役に立ちます。

 

———-

 

個人的な習慣を書いてみましたが、きっと皆さんにもそれぞれの
習慣があり、それぞれが考える良い方法があると思います。

 

自分自身の整理の意味も込めて、アウトプットしてみました。

 

 

2011年6月8日

提案の引き出しを多くするために必要な5つの習慣

日々、様々な課題を解決へ導くための提案を行っているのですが
振り返って企画書などを見てみると、幅が広がったなと感慨深いものがあったりなかったり。

 

課題解決のご提案をする際に、色々とヒヤリングをさせていただきますが
こちら側の知識が少ないと効果的な話の聞き方が出来ないことがあります。

 

つまりは、解決に繋がる提案(アイディア)が難しくなるということに。

 

では、提案(アイディア)の引き出しを増やすための取り組みとはなんでしょうか?
個人的な習慣を5つ並べてまみした。

 

1、集合知を利用して幅広く知識を得る
2、人と話す機会を多く持つ
3、実際に体験する
4、1つのテーマを掘り下げて深い知識を得る
5、統計データを見る

 

———-

 

【集合知を利用して幅広く知識を得る】

 

RSSなどでの情報収集は勿論ですが、RSSでの情報収集は
自分自身の好みが大きく影響しますので
速報性に優れていますが、一方で情報に偏りが生まれてしまいます。

 

それらを解決するためには、ソーシャルブックマークがとても有効なのです。
例えば、はてなブックマークですとカテゴリに分けられた幅の広い情報を
一覧で見ることができます。

 

また、NAVERまとめなども役に立ちます。

 

———-

 

【人と話す機会を多く持つ】

 

人から得る情報にはいくつか種類がありますが
業界の情報と個人の体験談は、何かを考える際にとても役に立ちます。

 

業界の常識は世間の非常識といった内容は課題の解決に繋がりやすいですし
個人の体験談はユーザーの気持ちを考える際に重宝します。

 

パソコンとにらめっこも必要ですが
そこでは手に入らない貴重な知識が手に入ります。

 

———-

 

ちょっと長くなりましたので、続きは次回に。

2011年5月25日

ipad2であれこれ

先月からipad2を打ち合わせで使用するようになって、常に持ち歩いているため、
あれこれ使う機会が増えています。

 

中でも、ipad2ではカメラが搭載されました。

 

そんなipad2の使い方を今日はご紹介します。

 

「写真を撮る」

 

中島公園の桜

 

ipad2はタブレット端末ですから、携帯電話より遥かに大きい訳ですが
おもむろに鞄から取り出し、撮影すると、周囲の人々がビビります。

 

でかっ!

 

写真の向こう岸にいるおじい様がめっちゃ見てました。

 

—–

 

「写真を撮る~その2」

 

打ち合わせ中、ipad2を常に出してwebページ等を見てお話をしている訳ですが
まさかカメラでシャッターチャンスを狙っているだなんて、誰も想像していません。

 

カシャッ!

 

と鳴り響くシャッター音で打ち合わせ中の方々が凍りつきます。

 

—–

 

「秘密兵器の動画撮影」

 

打ち合わせ中、ipad2はテーブルの上に立てたり置いたりしています。
立てている場合は、私にしか画面が見えませんので、動画撮影のチャンスです。

 

こっそり動画を撮影して、おもむろに再生。

 

繰り返される先程の会話。

 

脱線した話で記録に残したくなかった恥ずかしい会話が再生されると
該当者の耳と顔が徐々に赤みを帯びて・・・。

 

—–

 

と、使い勝手の良いipad2。
ビジネスにもプライベートにも大活躍します。

 

お持ちでない方は、是非ご検討を。

2011年4月1日

ライフハック

最近、業務にかかる時間が増えてきて、例えば情報の収集や
何処かに遊びに行くといった体験など、お仕事以外の時間がほとんど無かった訳ですが
そうなってくると「じゃあ、業務の効率をあげよう」とか「情報収集をもっと素早く」といった形で
どうにかしてやってやろうとなりますよね。

で、ライフハックの登場です。
ご存知の方も多いことと思いますが、ライフハックとは業務の効率を高めるための方法、
ひらたく言えば、仕事術です。

家に帰り、夜な夜なライフハックについて漁る訳ですが
本末転倒だと気がつくのです。

あれ、この時間でできなかったこと、できるじゃん。

結局、時間は作るもので
本当にやりたいことは、どうにかこうにか時間を作って
できちゃうんですよね。

やれていないのは、本当にやりたいと思っていないから。

という結論で締めくくりたいと思います。

今日はこの辺で。

2011年2月14日

クライアントニーズ

「全体像、未来をしっかりと考えた上で、細部の提案をしてくれるから、お付き合いしたい」

先日、お付き合いのある企業のご担当者様から頂いた言葉です。

色々と見聞きすること、あるいは本を読んだり、映像を観賞したり
どこかに出かけ、体験すること、出会うこと。
企業様とのお打ち合わせを重ねて、初めて知ること、思いつくこと。

こういった日々の意識的な積み重ねが
期待の持てる、喜ばれる、効果を高めるご提案に繋がっているなと
最近は強く感じています。

ただ作るだけの会社なら、いっぱいありますからね。
ともお話されておりました。

肝に銘じて、前に進んでいこうと思います。

2011年2月1日

経験の大切さ

誰かに聞いたことは一時間で忘れ、自分の目で見た物は一日で忘れ
自分が経験したことは一生忘れない。

というようなニュアンスのことわざが中国にあるそうです。

Webの世界に情報が溢れ、現在では知りたいことは簡単に探せる時代になりました。
文字情報として、多くの知識に触れることは可能になりましたが
それらを実際に体験する機会は、また別のお話になってしまいます。

クライストアドヴァンは、リスティング広告の運用、ランディングページの制作・改善など
数多くの実戦から得た「体験に基づく知識」を持っております。

本当の改善提案は、多くを経験していなければできません。
これが、クライストアドヴァンの強みです。

改善策をお探しでしたら、是非ご提案の機会を頂ければと思います。

—–

1月20日にAIGスター生命様主催のセミナーに講師として
参加いたしました。

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました!

2011年1月6日

あけましておめでとうございます。

本日から、弊社は営業開始となりました。
今年は、去年よりも、実りのある年にしてまいります。

質と費用対効果の高いご提案を、多くの企業様にさせて頂ければと思います。

—–

現在、ある会社様の会社案内を制作しております。
弊社では、web以外に、紙のお仕事も承っております。

営業の方が使いやすく、お客様に問題認識を促し、商品理解を深めるための
会社案内を目指しております。

また、会社案内という媒体は、Webへの誘導媒体にもなります。
しっかりと、お客様がWebへ訪問される経路を考えていく必要があります。

集客経路から考えるweb構築=集客デザイン

という考え方に沿って、様々なツールを制作していくことも重要です。

—–

1月20日頃、セミナーの講師を務めさせていただく予定となっておりますので
準備が整いましたら、ご案内させていただきます。

集客デザインについても触れたいと思っておりますので
お時間が御座いましたら、是非、ご参加ください。

2010年11月8日

勉強をする時間って

業務が多忙になってくると、学ぶための時間配分が激減してしまい
次のステップに進むための「仕込み」が弱くなってしまいます。

最近、多忙な日々が続き、学ぶべきものを探して学ぶという行為が
出来ない日々が続いてしまいました。

そんな中でも、業務の中で新たな「学び」を積極的に探すことで
少しでも成長してやるんだ!という姿勢は貫けたかなと思っております。

皆様の「学び具合」はいかがでしょうか?