投稿者のアーカイブ

2010年1月18日

twitterの連携

畠中です。

先日、福本が書いていました「twitter」ですが、
最近さらに色々なところが利用・サポートしてきました。

もっとも注目な所は「Yahoo」です。

ここ最近からショッピングやオークションページでtwitterのボタンが付いたのを知っていますか?

注目すべき点は
Yahooが導入したことにあります。前回の伊藤のブログでも書いてあったようにYahooを利用しているユーザー層や人数は
googleに比べると違う層のユーザーが利用しており、そのユーザーに対してtwitterというのを目にする機会が増える可能性が高くなります。

すなわち、日本人のユーザーが増えることも見込めるのでは?

と思っております。

そのほかにも、楽天ブログやAmazonなどなどTwitterボタンを目にする機会が増えてきております。

また、twitterは、他サービスとの連携も増えてきております。

例えば、これも海外ユーザー等が多いかもしれないですが
Facebookとの連携やはてなブックマークとの連携、iPhoneアプリとの連携・・・などなど
他にも多数連携できるサービスが増えております。

これは、とてもいいことで、twitterにつぶやきを書くだけで、
他サービスのユーザー にもアピールすることが出来たりもします。

ユーザーにとっての手間は少なく、情報発信は多くといったところでしょうか。

いいサービスですね。

twitterは使い方によって色々なことが出来る気がしております。

twitterに注目ですね。

2010年1月8日

伝えることの難しさ

畠中です。
人に何かを伝える、聞くという難しさを最近さらに実感しています。
その一つが「デザインの伝え方」
ここ最近改めて難しいな、、、と思った事のひとつです。
流れとしては、お客様の想っているイメージを聞き取り
デザイナーに伝え制作することがほとんどなのですが、言葉で伝えるのには限界がありますし、難しい物です。
そんな時は、実際に絵にしていきます。
ワイヤーフレーム作成と言われる物で、ホームページ内の要素等を枠組みしていきます。
仮の枠組みがありますので、デザイナーは意味や意図が汲み取り易くなります。
これはデザインに限らず、言える事です。
頭で考えても拉致が開かない物は、とりあえず書き出す&絵にしていきます。
不思議とまとまったり、答えが出てくる物です。
人に物を伝える…奥が深いです。

畠中です。

人に何かを伝える、聞くという難しさを最近さらに実感しています。

その一つが「デザインの伝え方」

ここ最近改めて難しいな、、、と思った事のひとつです。

流れとしては、お客様の想っているイメージを聞き取り
デザイナーに伝え制作することがほとんどなのですが、言葉で伝えるのには限界がありますし、難しい物です。

そんな時は、実際に絵にしていきます。

ワイヤーフレーム作成と言われる物で、ホームページ内の要素等を枠組みしていきます。

仮の枠組みがありますので、デザイナーは意味や意図が汲み取り易くなります。

これはデザインに限らず、言える事です。

頭で考えても拉致が開かない物は、とりあえず書き出す&絵にしていきます。

不思議とまとまったり、答えが出てくる物です。

人に物を伝える…奥が深いです。

2009年12月25日

 スマートフォンとweb

畠中です。

最近、スマートフォン・アンドロイド携帯など耳にすることが増えてきました。

現在ではよくTV CMで見かけるiPhoneもそのひとつです。

実際、自分もiPhoneを利用しておりますが、
web制作の中でも、PC・Mobileに続き新しい web制作のエリアになっていくと思っております。

スマートフォンが普及することにより、webが今まで以上に身近になり、利用時間が今まで以上に増えていくと思います。
(実際、僕自身、今まではwebを見ていなかった時間や場所でwebを見ているんです。)

そうなるとwebの需要がさらに高まる可能性が出てきます。

また、iPhoneアプリでは、TwitterやFacebookなどとの連携が出来るアプリも多々出てきており、
これはエンドユーザー側だけではなく発信側にも色々な変化が出てくる可能性は高いと思います。

今後は、スマートフォンに対しても、しっかりと視野に入れていき
皆様により良いご提案が出来ればと思っております。

2009年12月7日

ユーザー目線でよい構成を

webクリエイティブ事業部の畠中です。

web制作をする際は構成には大きく悩んでしまいます。

構成を作るうえで重要なのはユーザー目線に立てるかどうか?ということです。

例としては一方的に情報を肥大化してしまい
ユーザーにとって必要な情報が埋もれてしまい見ずらいサイトになってしまうことがあります。

そのようにならないよう構成を考えていかなければなりません。

このことから

  1. ユーザー目線で目的の情報を明確化する
  2. 必要なコンテンツを選別する
  3. 誰でもわかりやすいように配置を考える

ということが重要になります。

発信側に立っているとどうしても主観が入ってしまい
あれもこれもと思い、中々受け側に立つのが難しくなります。

そのように感じたときには
私たちがお手伝いさせていただきます!

いつでもご相談下さい。

2009年11月18日

予測と想定

本日札幌は、吹雪のような一面が見え、
雪かきを想像してしまうと鈍よりしてしまった webクリエイティブ事業部の畠中です。

話は変わり、
ホームページを作る際には、
出来る限りの予測と想定をしておくと必ず将来につながります。

その予測と想定とは、

「今は入れられないけど将来的にはこういうコンテンツを入れたい」
や、
「こうゆうキャンペーンは考えられる」

など、この先どのような事が起こりえるのか?
ということを制作前に想定することは、重要なことです。

この予測と想定は、デザイン・ページ構成にも影響がでます。

たとえば、

「○○のコンテンツを増やしたい んだけど。。。」

というのはよくある話です。

それが、想定されていた内容であれば、
メニューのデザインやレイアウトを追加できるようにデザインをする。

などが前提として作っておけます。

それは、お客様にとってメリットになります。

メリット1:追加コンテンツの納期短縮
メリット2:つぎはぎサイトにならない(しっかりと構成されたページ追加ができる)

などなど

後々コンテンツを追加するというのは良くあります。
その中でよくある事は、追加が想定されていなかったために、どんどん無理やりコンテンツを増やし、
その結果として、見づらいサイトになってしまう。

また、その結果として、サイトのリニューアルが必要になってしまう。

そういったことを回避するためにも、
思い当たるものは、なんでもお気軽にご相談下さい。

より良いサイトをご提案いたします。

2009年11月10日

2人3脚

はじめまして。
webクリエイティブ事業部の畠中と申します。

唐突ですが、この仕事をやっていて必ず直面すること それは、

「ホームページは知っているが、作るとなるとどうしたら良いのかわからない。」

というお客様がたくさんいらっしゃいます。

実際、僕自身もこの仕事を始めたときは、サーバ、html・・・などなど
何も知らないところから始まっていますので、そのお気持ちは十分にわかります。

ただ1つご理解いただきたいのはホームページは、 2人3脚でなければ作れないということ

僕たちの仕事は、ホームページを作るという技術だけではなく
お客様をナビゲーションしてお手伝いさせて頂くことだと思っております。

お客様には、
ホームページで使用する原稿・写真・資料等ご用意いただくものは多々あります。
その他にも、色々な仕様・構成等も決めていただく必要もございます。

そのように少し大変に思われる事をしっかりナビゲーションし、
よりスムーズにホームページが作成できるよう皆様のお力になれればと思います。

お客様にとって、辛いホームページ作りではなく、楽しいホームページ作りになるよう日々精進してまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。