2009年11月18日 のアーカイブ

2009年11月18日

予測と想定

本日札幌は、吹雪のような一面が見え、
雪かきを想像してしまうと鈍よりしてしまった webクリエイティブ事業部の畠中です。

話は変わり、
ホームページを作る際には、
出来る限りの予測と想定をしておくと必ず将来につながります。

その予測と想定とは、

「今は入れられないけど将来的にはこういうコンテンツを入れたい」
や、
「こうゆうキャンペーンは考えられる」

など、この先どのような事が起こりえるのか?
ということを制作前に想定することは、重要なことです。

この予測と想定は、デザイン・ページ構成にも影響がでます。

たとえば、

「○○のコンテンツを増やしたい んだけど。。。」

というのはよくある話です。

それが、想定されていた内容であれば、
メニューのデザインやレイアウトを追加できるようにデザインをする。

などが前提として作っておけます。

それは、お客様にとってメリットになります。

メリット1:追加コンテンツの納期短縮
メリット2:つぎはぎサイトにならない(しっかりと構成されたページ追加ができる)

などなど

後々コンテンツを追加するというのは良くあります。
その中でよくある事は、追加が想定されていなかったために、どんどん無理やりコンテンツを増やし、
その結果として、見づらいサイトになってしまう。

また、その結果として、サイトのリニューアルが必要になってしまう。

そういったことを回避するためにも、
思い当たるものは、なんでもお気軽にご相談下さい。

より良いサイトをご提案いたします。

2009年11月18日

”育てるコンテンツ”を目指して

はじめまして。

システム事業部の岩井です。

「システム」と聞くと、複雑でとっつきにくにイメージがあるかもしれません。

一体何ができるの?
どんなメリットがあるの?
どうやって使うの?
導入のコストは?
・・・等々

そういった疑問をこのブログを通して、少しずつ解消していければと思います。
宜しくお願いします。

さて、今回は「”育てるコンテンツ”を目指して」と銘打ちました。

私たちはウェブサイトを制作してクライアント様に提供していますが、できたばかりのサイトは生まれたばかりの赤ん坊のようなものです。
しっかり両の足で立ち上がり、立派に役割を果たすには、「育てる」ことが重要です。

まずは、「育てる」という意識を持ってください。

せっかく安くはないお金を払ってサイトを作ったのに、そのまま放置してしまう方を見かけます。
それではコンテンツは古くなり、サイトを訪れたユーザのニーズを満たせません。

サイトは生モノです。当然、新鮮な状態が一番おいしいです。
だから、マメにコンテンツの更新をおこなってあげてください。

「でも、更新とか大変そうだし・・・。」

そんなときこそ、システムの出番。
クライアント様の要望に合わせた更新用のシステムをご用意します。

簡単に、そして楽しくサイトを育てられるツール。
クライアント様が楽しめば、訪れるユーザも楽しめるはずです。

そんなコンテンツを一緒に作りませんか?