2009年12月3日 のアーカイブ

2009年12月3日

「ネット広告」について

こんにちは。伊勢崎でございます。

本日は「ネット広告」についてです。
一言で「ネット広告」と言っても、深いので端的に書きたいと思いますが、
知れば知るほど、「こんな費用対効果の高い効果的な広告はない」と感じます。

通常、新聞やTV-CM、ラジオ等の場合は、
「不特定多数のユーザー」に向けて発信するタイプの広告戦略ですが、
ネットの場合は「細かいところまでターゲットを絞った広告戦略」が可能となるところが、
ネット広告の最大のメリットです。

近頃、効果的なネット上の広告戦略として、
「行動ターゲティング広告」「インタレストマッチ」といった広告手法が
主流になりつつありますが、例えば以下のような広告戦略展開が可能となります。

例えば、「ネット上でのユーザーの行動を分析して、そのユーザーが
興味を持ちそうな広告を配信する」・・・というかなりピンポイントでの
ターゲティング広告が可能となり、
具体的な例で言うと、例えばあなたが「マンガ」に興味があったとして、
よくマンガに関するサイトを見てたとします。

その行動が実は分析されていて、
「このユーザーはよくマンガに関するサイトを見てるなぁ・・・じゃあマンガの広告を出してみよう」
という感じに、あなたがマンガに関係ないサイトを見てたとしても、マンガの広告が
出てくるようになったりする訳です。

しかもこの広告の料金体系が、「広告閲覧総数に応じて料金を支払う」という体系のため、
広告予算も自由に設定出来ますし、効果があった分だけ料金を支払う・・・といった具合に、
いい事ずくめなのが現状です。

これが「ネット広告」がここまで急激に伸びた大きな要因の一つな訳ですが、
他の広告媒体でも最近「いかにターゲティング出来るか」という観点での新しい戦略の
話もちらほら耳にしておりまして、「厳しい中知恵を絞って凄く頑張ってるなぁ」と関心する事が多いです。

勿論、Web以外の広告媒体にも良いところが数多くありますので、
切磋琢磨して、どんどん良いものが出来て行けばいいな・・・と思う今日この頃でございます。