2010年5月 のアーカイブ

2010年5月31日

世界に溢れるものごと。

毎日のように、パソコンに電源をつけ、
起床してから就寝するまでの、ほぼ10時間くらいは、パソコンの前に居ることが多く、
居ないときは、お客様と打合せ。

インターネットの業界では、様々な情報が溢れてますが、
携帯電話のGPSを今更ながら、楽しめるゲームがあるというのです。

bus03

皆様、このゲームをご存知ですか?
自分の街をつくり、アイテムを集め、街の活性化をしていくというところでしょうか?
私自身、まだ始めたばかりなので、理解出来ていないところが多々あります。
しかし、このようなものはいちはやく習得し、広めていきたいと考え、
お客様側にも、ご提案できるよう頑張ります。

このようなサービスを、徹底的に調査し、
ゲームをやりつくしたいところですが、
途中で理解できなくなるのでは?となっているのはご愛嬌。

2010年5月28日

巨匠に学ぶ

今日は、アートディレクターの浅葉克己さんという方のことを書きます。

この方は、大手企業の広告制作の他、
サンウェーブや民主党のロゴデザイン、長野オリンピックの公式ポスターなど、
数々の作品を手掛けている方です。
(あと、卓球台をブルーにして、ピンポン球を黄色にするアイデアを出したのもこの方です!)

ですが、こんな一面も。

近所の豆腐料理店とか、銭湯とか、焼き肉店とかのロゴも、
いっぱいつくっているそうなんです。

こんなすごい人なのに、これを知って驚きました。

どんな仕事でも、決して手を抜かず全力で取り組んでいるそうです。
仕事の大小は問わないということだと感じます。
これって、とても大切なことだと思います。

私たちの仕事も、規模の大小は必ずありますが、それによって差を付けることなく、
常に全力を心がけて行きたいな。と思います。

2010年5月27日

ネットにはネット、とは限らない

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

SEO、メルマガ、リスティング広告、バナー広告、QRコード・・・

Webサイトへの集客手段には様々な手法があります。

しかし、Webサイトというネット世界にユーザーを集める手段は、何もネットに限らないと思うのです。

 

以前とある同業者の社長さんから面白い話を聞きました。

そのかたが会社を設立して、新規で「ホームページをつくりたい」と考えているお客様をどうやって獲得したと思いますか??

 

posting

 

それがなんと「ポスティング」だったのだそうです。

 

「ホームページをつくりたい」というニーズを持っている人の多くはネット環境が無いのではないだろうか?

と考えての判断だったそうです。

 

これは10年近く前の話らしいので、ネット環境が広まった現在において全く同じ手法が使えるとは考えにくいですが、非常に示唆に富んだお話だと思います。

 

集客の鉄則は「お客様のいるところに露出する」ということなのですね。

たとえネット商売であっても、「お客様のいるところ」がネット上とは限らないというお話でした。

 

それではまたお会いいたしましょう。

2010年5月25日

いかにこどもを取り込むのか?

WI-FI環境はどこまで進むのか。

「くら寿司でDS」――回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくらコーポレーションは5月25日、「ニンテンドーDS」の無線LAN通信機能を利用した無料コンテンツ配信サービス「ニンテンドーゾーン」を、無添くら寿司の一部店舗に試験導入すると発表した。

 都内と大阪市内の4店舗で導入。DSを持ち込んでWi-Fi接続すれば、くら寿司のメニューや、すごろくゲームなどを収録した独自のコンテンツ「くら寿司でDS」をダウンロードして遊べる。DSゲームの体験版もダウンロードできる。(5月25日17時31分配信 ITmedia News 参照)

とのこと。

マクドナルドは子供の獲得を社の方針としている。
食育戦略。見事です。

くら寿司さんも、
WI-FI環境作って、アプリを配る。
ゲームしてしまいますよね、子供なら。

また、待ち時間が出ることが前提ですよね。
ITが食育戦略に貢献する事例でした!

2010年5月24日

Webサイトでおもてなし

Webサイトに何を求めますか?

勿論、お金をかけて制作するのですから
見合った費用対効果は上げなければなりませんよね。

だからこそ、どういった情報を載せるか
画像は何が好ましいのか
必要なコンテンツは何なのか

と、頭を悩ませる方が殆どかと思います。

しかし、気をつけなければいけないのは
制作者の想い=ユーザーの希望
とは限らないことです。

どれだけ伝えたい情報があっても
見せたい魅力があっても

ユーザーが望んでいないコンテンツは
それだけで閲覧されにくくなってしまいます。

見たくない情報を、無理やり見せることは
どうしても不可能なのです。

だからこそ、ターゲットをしっかりと設定し
また、そのユーザーのニーズを把握した上で、
一体どういった内容がユーザーの心を惹きつけるのかを、
吟味する必要があるのではないか、と考えます。

訪れたお客様の心を掴むコンテンツを用意し、
そうしたお客様を一歩中へ、中へと引き込むようなWebサイト。

Webサイトもひとつのお店です。

お客様の喜ぶ顔を想像しながら、
おもてなしができるようなプランニングを
一緒に行っていけたら、と想います。

2010年5月21日

ブラウザ。

こんばんわ。
今日は、西澤がブログ担当でございます。
担当が回ってきて、出番が多くなってくる今日この頃ですが、
皆様、インターネットを見るために使うブラウザというものは、何をお使いですか?

WS000009
シェア率というものをみると、圧倒的にInternetExprolerが多く見受けられます。

しかしながら、どのブラウザにも仕様というものがあり、
読み込みが遅かったり、早かったり、または最近は大体のブラウザにも装備されてますが、
タブブラウザが対応出来たり・・・。

はたまた、Sleipnirが出しているキャラクターやブランドコラボしているGraniというブラウザがあったり。
※プライベートでは、Graniを利用してます。グルーミーとのコラボなブラウザがあるのです。

WS000010
ブラウザのバージョンを調査してみても、
インターネットを見ている方が、全て最新にしているか・・・というとそうじゃないのですよね??

実際、パソコンに慣れてきた当初、InternetExprolerがインターネットを見れるもので、
“ブラウザ”という名前で呼ばれていることも知らなかった現実があります。
そして、それ以外に種類があるなんて、ぜんぜん知らなかった。

・・・ということを考えると、
そのブラウザの仕様により、WEBの見え方って変わってくるんですよね。

これから先、インターネットがなくなることはないと考えると、
まだまだブラウザは増え続け、進化し続けるのでは?と考えてしまいます。

IT会社もそれについていき、制作を進めなければならないな・・・と改めて、初心にもどった西澤でした。

2010年5月19日

環境について考える

先日、地球環境への想いを映像作品で体感する
「アース・ビジョン 地球環境映像祭」
という映画祭に行ってまいりました。

WS000020

世界各国から寄せられた環境の「いま」を伝える
ドキュメンタリーや アニメーション作品が上映されました。

 

たまたま知人がこの映画祭を手伝っていたことから、
存在を知り足を運んだのですが、
一作品一作品のメッセージ性の強さ、伝え方、時間の中の凝縮の仕方など、
とても勉強になりました。
それと共に改めて環境や地球について考えるキッカケとなりました。

 

弊社のお客様、「シティ環境」様も
環境問題やそれに関連する社会貢献に取り組んでいます。
最近では、「エコキャップ」キャンペーンを通じて、
発展途上の国々の子供たちへワクチンを渡す運動にも取り組んでいます。

WS000022

自分自身、無理をしてまでは難しいですが、
今年の夏は自分にもできる範囲で何かする年にしようと、
感じました。

2010年5月18日

意外や意外。

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

さてSEOと言えばまずtitleタグとmeta keywords、meta descriptionを設定して・・・というのが第一歩と考えるかたも多いと思います。

(※SEOって何? と思われたかたはこちらへどうぞ。)

ところが近年では「keywordsはあまり上位表示に貢献しないよね・・・」という実感があり、恐らくそういうアルゴリズムになっているのではと想像していました。

ふと社内でこの話題を出してみたところ、このような記事を教えられました。

meta keywordsって結局どうなのよ?(「Web担当者フォーラム」2009/10/23記事)

さらに調べてみると、google社スタッフのこんな公式見解も。

「グーグルは、meta keywordsを検索順位を決める要因としては、利用していない」

目からウロコな気分になりませんか?

そんな情報収集の大切さを改めて感じた日でした。

それでは、またお会いいたしましょう。

2010年5月15日

アフリカの奇跡

世界中で先進国とよばれる定義を皆さんご存知だろうか?
昔はG7の7カ国のみを指したこともあったのですが、
現在はひとつメジャーな考え方として、GATTとOECDの両方に加盟することの条件を満たすことで「先進国」と呼ぶことが多いようである。
あと代表的なのは(CIA) の The World Fact Bookの分類に従うという考え方がある。

いずれの考え方にせよアフリカで先進国と呼ばれた国は無い。

かつてアフリカの奇跡とよばれた国がある。
ケニアと南アフリカ共和国だ。
ケニアはアフリカで最初に復興し、観光と鉱産資源にたよる経済だったのがうらめになり、腐敗政治などで政情混乱し経済成長がとまる。
南アフリカは豊富な鉱産資源を背景に成長を遂げ、また、自由化を進めアパルトヘイトを撤廃するなど対外的にも先進国のアピールをしたが、この融和策が多くの犯罪、暴力を誘発し、治安の悪化が成長をとめている。

いま、アフリカの奇跡と呼ばれる国はルワンダである。
かつてのフツ族とツチ族の内戦、大虐殺から16年で近代国家へと成長をはじめているのだ。

成長の基盤は鉱産資源と近代農業、それにディアスポラ(海外に散った)人たちからの直接投資による不動産業など。
通常ディアスポラした人々は故郷を離れた状態で故郷を支援するが、このルワンダ人たちは帰ろうとし、現在年間100万人レベルで帰国しているという。

何を言いたかったかというと、故郷を思う気持ちは対立を超え、16年で奇跡の復活を遂げることだって出来るということを言いたい。
この復興の強みは外資に頼らない直接投資であるということ。バブル経済になりにくい。

いろんな秘策はあるようだが、北海道においても悲観ばかりしてはいられない。
日本の奇跡を起こしてみたいものである。

2010年5月14日

アクセス解析進化論

Webサイトの効果を測るもののひとつとして、アクセス解析が上げられます。

現在はGoogleアナリティクスに代表されるように、
無料でも質の高いツールが増えてきました。

本日紹介するのは、有料のアクセス解析ツールになりますが、
Webサイトの分析や効果測定のために、
短期間でも導入することで、新たな発見があるかもしれません。

User Insight

ユーザーインサイト、というこのアクセス解析は
「どんなユーザーが」「どう見ているか」をマウスのスクロールによって
調査できるツールです。

ユーザーがどこを注視しているのか、
またどこまで読んでくれているかの指針のひとつとなります。

また、その結果に沿ってサイト改善をしたときには
効果を判断することもできます。

属性別の利用者頻度も推計可能なので、
Webサイト改善には一役買ってくれるかもしれません。

このように、Webサイト改善に役立つツールは多くあります。

アクセス解析は非常に有用なツールですが、
Webサイトを活用していく上では
決してそれだけにこだわらず、様々な評価指標を用意し
取り組んでいくこともまた、大切な施策だと考えています。