2010年7月9日 のアーカイブ

2010年7月9日

2010参院選とIT

あくまで私見ですが、

「ITを駆使したものが選挙を制す」的な言われ方がされはじめると、
口をそろえたようにブログだの、サイト制作だの、ツイッターだの言い始める。
これが公職選挙法に触れるとか、触れないとか。

マニフェストがどうのとか言われ始めたら
みんなそっちに動く。
(結局守られたか? 全部詭弁?)

意味あるのかと思ってしまいます。

ITで重要なのは

民主党 http://special.dpj.or.jp/ とか
自民党 http://www.jimin.jp/index.html とか
みんなの党 http://www.your-party.jp/ などのように

どんなに美しくみせてるものを評価するために投票するのではなく、スキャンダルも、いいことも含め何をこの人たち
してきたか、また、出来るかを期待して投票するのが正しいと思います。
それを知るために客観的な情報を得るツールの1つとして使うのがいいと思う。

そこに、なにも、公職選挙法にふれるとか触れないの情報なんていらないんです。

金に目がくらまない立派な人か
政権運営をするにあたって十分教養があるか
野党になるけどこの人うるさくていいとか。

そんな基準を知るために 「絶対リンク感」を養うことです。 
※絶対音感を模して、キーワード検索が上手な人を「絶対リンク感がいい人」といいます。古いけど。

不思議と何も4年間してこなかった人は、探しても探しても議員として仕事らしいことが検索されてきません。
また、キーワードで何もなしってこともしばしば。
仕事した人は何がしか引っかかってきます。
そんなのを参考基準にしたらどうでしょうか?

某首相のドラマ仕立てのCMには寒気がしますが。