2010年10月 のアーカイブ

2010年10月30日

メディアの主役

なにかと話題に上がる電子書籍ですが、
最近は電子書籍のみの雑誌が刊行されたり、有名著者の作品が読めたりと着実に普及しつつあります。

そんな電子書籍媒体、
日本では「iPad」がappleのブランド力もあり人気ですが、
米国では、現在三つ巴の攻防が行われているようです。
アマゾンの「キンドル」とSONYの「リーダー」を、猛烈な勢いで追走している「iPad」。
電子書籍市場も内容、サービス共に盛り上がること必死ですね。

電子書籍

電子書籍

楽天リサーチ株式会社の電子書籍に関する調査結果では、
■電子書籍の利用意向者合計は64.3%
■「軽く、すぐに、安く」が電子書籍を利用したい理由の3大要素
■iPadなどのタブレット型多機能携帯端末に期待
など、意外と前向きな意向が見られます。

日本では著作権問題が話題になってはおりますが、いずれはiPadなどの電子書籍端末が日本でも爆発的に普及し、紙の本や雑誌、新聞に代わって電子書籍がメディアの主役になる日が来るのはほぼ確実と見られているようです。

御社のパンフレット、学校のコンテンツなどの電子書籍化はぜひ弊社までご相談ください。

2010年10月28日

Googleショッピング開始

10月28日、Googleがショッピングサーチを開始しました。

Google Merchant Center

これを使用して皆さまのECサイトで販売されている商品の情報をGoogleに送信すると、
Googleショッピングの検索結果に表示されます。

Googleショッピング

Googleウェブ検索結果ページの左側に表示される
「ショッピング」リンクからGoogleショッピングを利用することができますし、
近日中にはGoogleトップからもリンクされるようです。

ショッピングに関連性の高い検索キーワードによっては、
ウェブ検索結果の中に「ショッピング検索結果」としてまとめて表示されます。
そして、そちらをクリックすれば、Googleショッピングでさらに結果を見ることができます。

しかも合わせて、Yahoo!ショッピングでも、
登録商品をGoogleショッピングに表示させる
サービスを始めました。

YahooとGoogleでは利用者層に差がありますし、
あらゆるニーズにリーチできるという点でも、
Yahooの強みとなっていきそうです。

2010年10月27日

i phoneを利用した色々なもの。

iphone4が発売され、数カ月が過ぎ、白の発売は、延期になったみたいです。
来春まで、待ち遠しい感じがしますが、やはり、アプリは充実してきました。

iphoneアプリの事例(Hotpepper、ぐるなび)

iphoneアプリの事例(Hotpepper、ぐるなび)


◆ぐるなびとHotpepperのiphoneアプリ

実際に、これは個々のサービスとして活用されるものであるが、
グルメだけではなく、駅、コンビニ、駐車場など、様々なものを一気に検索できてしまうサービスがあるのです。
WS000002

そんな多様な検索に対応してくれるソフトが今回紹介する「ローカルサーチ」。

対応しているサービスには、Google、ホットペッパー、ぐるなび、ドコイク、Qype(ドイツがベースのヨーロッパで人気のスポット検索サービス)の5つ。アプリを起動して、あらかじめ登録されたキーワードをタップするだけで、現在地周辺のスポット情報を上記サイトで同時に検索してくれる。

・・・というのです!なんと素晴らしい。
こんなアプリがあるならば、本当に便利になってきましたよね。

ちなみに、海外では、アプリではなくこんな広告販促キャンペーンが行われていたようです。
BMWグループのMINIがスウェーデンのストックホルムで行ったプロモーション「MINI Getaway Stockholm 2010.」を紹介した動画が下記です。

どうでしょう?
鬼ごっこで勝つと、BMW MINIがもらえてしまいます。

ご紹介していたブログにもコメントがありましたが、
日本でも実践できてしまいそうなキャンペーンだと思います。

いかがでしょうか?

ちなみにこのキャンペーンでは専用アプリをダウンロードし、
それを利用しての鬼ごっこだそうです。

□参考:http://www.jgnn.net/ls/2010/10/iphone-1.html

2010年10月26日

入力フォームを最適化。

WEBサイト内には、

『お問い合わせフォーム』や『資料請求フォーム』、イベントなどの『申込みフォーム』・・・

様々な入力フォームのページ存在します。

これらのページは、お客様と繋がることのできる、重要なページですよね。

 

御社のサイト、

 

【フォームページへのアクセスは少なくないのに、

お問い合わせ数が少ない・・・ということは無いですか?】

 

実は先日、こんな調査結果が出ていました。

◎とあるアメリカの会社が、40000人のユーザーがアクセスしたフォームページを分析し、

フォーム送信完了の妨げとなる入力項目を調べたとのこと。

その結果とは・・

▽年齢

▽住所

▽電話番号

 

の3項目でした。

ちなみに、住所は市町村だけでなく、番地も入力させる場合は、更に送信率が低下したそうです。

 

アメリカでの調査なので、一概には言えませんが、

この項目を見る限り、我々日本人にも十分当てはまると思います。

 

これを機に、フォームの内容を見直してみませんか?

気になるご担当者様、ご自分ではよく判らないが、改善する必要がある気がするという経営者様、

私達がお手伝いいたします。

 

お気軽にご相談ください。

2010年10月22日

Yahoo!の検索エンジンがGoogleに変更

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

さて7月に発表されていた、Yahoo!検索において提供する検索エンジンおよび検索連動型広告システムについてグーグルのシステムを採用する(Yahoo!公式ブログ)という件が実行されたようです。

 

実際にYahoo!とGoogleで居酒屋を探してみましょうか。

 

yahooDrink

 

googleDrink

 

 

上部のMapの部分は(当然ながら)別のものが表示されていますが、その下の検索結果の部分は同じになっています。

いくつかのキーワードで試してみましたが、ほぼ一緒ですね。

みなさんもぜひ試してみてください。

 

そしてこれに関連した動きかと思うのですが、Yahoo!サイトエクスプローラーも近日中にサービス終了となるとのこと。

サイト運営者にとってはちょっと不便ですね(いや、Googleウェブマスターツール一本になるから楽な面もあるかも・・・XMLサイトマップ送信とかは。)。

 

それではまたお会いいたしましょう。

2010年10月21日

3D化

昨今3Dの映画や3Dテレビなどが出始めていますね。

そんななか、Samsungが度入り3Dメガネ発表!

a34b46e5-2af0-46da-af09-acc16c39440c

3D映像を見る際に「メガネの上に3Dメガネをかける」という煩わしさが解消されるとのことです。

コンテンツの少ない現在は普及には難しいかもしれませんが

今後、ショッピングサイトで商品を手にとってるような感覚で見ることができるとしたらどうでしょう?

メガネやそれに取って代わるものの普及にもよりますが

商品を立体的な視覚として見れるという魅力的なサイトがスタンダードになる
という時代もすぐそこかもしれません。

2010年10月19日

コピーの役割

久しぶりにコピーの話を。

下記のサイトは、Ricoh Japanの
new angle, new day プロジェクトというキャンペーンサイトです。

http://www.newangle.jp/

4人のクリエーターたちが独自の視点で切り取った作品の数々を紹介していく
キャンペーンだそうですが、その内容以上にTOP画面で目に飛び込んでくる
キャッチコピーが秀逸です。

たくさんのキャッチコピーがルーティンされているわけですが、
そのどれもが目を引き、心を奪う巧みさがあります。

視点を変える、とはこのキャンペーンのテーマなのですが、
なるほど、キャッチでうまく表現されています。

キャッチは人の目を引き寄せるために重要な意味を持ちます。

特にヘッドコピーで興味を与えることができれば、
ユーザーはボディコピーを読み、コンテンツに目を通します。

短いものは短く
長いものは長く
印象を与えたいのか
意味や理由を伝えたいのか

目的によってコピーをつくる視点も
さまざまに変わってくるものですね。

2010年10月18日

地下鉄降りた改札で、携帯でピッ。【navita(ナビタ)】

皆様が毎日使う地下鉄。
その改札を出たところによく目に入る地図(マップ)がございます。

実は、そこにある情報が隠されているのをご存知ですか?
200806

この地図です。

本日、大通駅をてくてく歩いていると、
この地図の中に、「携帯でタッチしてください♪」という携帯電話のマークを発見しました。

本当にたまたま、目に入ったのですけどね。((笑
その部分の写メを忘れてしまい、申し訳ございません。
次回ブログの際に、是非紹介いたいます!

携帯をピッとかざした先は、これ。

navita

携帯ホームページです。
ちなみにこの携帯ホームページ、その駅周辺の情報が表示されるようになっております。

どこまでの情報がどのように表示されているのかは、
まだ調査できておりませんが、
今後は、広告スペースとしてや行動ターゲティング広告にまで移っていこうという考えだそうです。

※検索エンジンにて探していたら、こんな広告料金を発見しました。

ある意味、北海道ではまだまだ知られていないサービスです。
理由として、携帯電話をかざして、情報取得ができる駅は、

円山公園駅、西11丁目駅、すすきの駅、大通駅の4ヶ所とのこと。

これから、少し楽しみなモバイルコンテンツの1つだと感じております。

2010年10月16日

キーワードの選定を。

御社のサイト、どのようなキーワードで検索されていますか?

 

そもそも、どんなキーワードでユーザーの皆さんは検索しているのか、ご存知ですか?

 

この度、ヤフーがキーワードアドバイスツールを公開しました。(厳密に言うと復活です)

WS000203

これは、取り扱い商品やサービスに関連するキーワードやフレーズ、またはウェブサイトのURLを入力すると、関連キーワードやその推定データを過去の実績に基づいて表示してくれるサービスです。

ユーザー登録をすれば、どなたでも利用できますので、自社サイトの指標のひとつにどうぞ。

 

では、

そのキーワードで検索すると、御社のサイトは表示されますか?

ユーザーの傾向がわかっても、そのキーワードで検索されてなければ、機会損失をし兼ねません。

もし、サイトが表示されない方は、是非ご相談を。

2010年10月15日

Yahoo!リスティング広告フォーラム 札幌

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

さて本日はセミナーの告知です。

来る11月5日(金)に、Yahoo!様主催で「リスティング広告フォーラム 札幌」が開催されます。

弊社が代理店となっている関係でお知らせいただいたのですが、まだ若干お席に余裕があるようです!

 

yListing

 

■Yahoo!リスティング広告フォーラム
●日時
2010年11月5日(金)1400-1700※1330受付開始
●会場
札幌プリンスホテル 国際館パミール
●内容
○ゲストによるネット業界に関する講演
 ジャーナリスト 佐々木 俊尚氏
 http://www.pressa.jp/
○Yahoo!によるリスティング広告に関するセミナー

参加ご希望のかたは、来週20(水)ごろまでに、弊社までお知らせください(福本でも他のスタッフでもかまいません)。

電話:011-700-0077

お問い合わせフォームはこちら

 

それではまたお会いいたしましょう。