2011年4月 のアーカイブ

2011年4月26日

#4 ターゲットを絞る

ターゲットを決めるというのは、あくまでその商品、サービスに対して購買の可能性が高い人たちを選び出す作業工程だといいます。
「どんな人達に売りたいのか?」という売り手目線ではなく「買ってくれそうな人」「こちらを振り向いてくれそうな人」を探し出すことが大切なのだそうです。

単に10代、20代の女性、都会で暮らす女性全般という大まかな分類ではなく、さらに掘り下げて趣味・興味、食べ物の好き嫌い、姉妹構成あるいは話し方なども具体的に想定して広いターゲット層から同じ情報に関心を持つ層に対して最適な表現でアプローチをすることで初めて「ん?」って思って頂けるのではないかなと思います。。。

2011年4月21日

人間力

こんにちわ企画・営業部の藤田です。
今回は人間力について少し触れてみます。

株式会社クライスト・アドヴァンの代表、堀 健一はとても人間力
があります。

人間力とは何か・・・ん~ そう言われると答えはなかなかでない
かもしれません。

でも私なりに解釈をすると、どこまで人の事を思えるか、どこまで
人の役にたとうと思えるか、どこまで自分らしく生きれるか、だと
思います。

人間力がある人の近くには、魅力ある人がたくさん集まります。
それは、その人自体に魅力があるからです。

私も人間力をこれからも毎日磨いていきます。そして、いつの
日か代表の堀のような人間力のある人になりたいです。
みなさんも人間力を磨いてみましょう!!(磨けば光る)

それではまた会いましょう。

2011年4月11日

競争上の強み。

特徴をいくつか見つけ出したら、それらをいかに商品・サービスの利点として転じていけるのかを考えようといいます。ここで重要なのは単なる特徴ではなく競争上の強みとなるものを選びましょうということ。だそうです

その強みをちゃんと理解して、訴求していかないとただ作るだけになってしまうのだなと思います。
欲しくなるサイトというのはその部分がしっかりと設計されている気がします。個人差にもよるのでしょうが

不思議ですね。

2011年4月9日

仕事に対する構え方。

札幌もやっと暖かくなり、春の息吹がちらほらと・・・。

ふと気が付くと、冬の匂いもなくなり、虫が飛んでいることに春の訪れを感じます。

先日、様々会社の偉い方にお会いすることがありまして、

自社の商品に関するこだわりや、説明など色々と伺うことがありました。

改めて、

クライスト アドヴァンのことをまだ知らない方達に、

まずは、会社のことを知ってもらい、結果的によりよいWEBサービスを提供できればと思います。

2011年4月7日

コピーライターから学ぶ

こんにちは企画営業部の藤田です。

3月25日(金)に佐々木葉子さんのセミナーに参加をしてきました。
セミナーの内容は『コピーライティング・コピーライターの仕事って何?』でした。

セミナーの内容が面白く、濃い内容だった為、2時間は『あっ』というまでしたよ!
詳細な内容はここには書けませんが、コピーライターの仕事は相手の立場に
なって考える力が必要だとい事を教えられたような気がします。
この相手の立場になって考える事って、簡単なようで簡単じゃない。
これがあたりまえに出来る様になれば、どの分野でも『プロフェッショナル』な人間
になれると私は思います。

これからも積極的に色々な分野のセミナーに参加して、新しい知識を習得します。
全てはお客様の為に!

それではまた会いましょう。

2011年4月6日

少し前まではありえなかったアプリ

先日「Color」と呼ばれるスマートフォンアプリが出ましたね。

color【スマートフォンアプリ】

color【スマートフォンアプリ】

このカメラアプリで写真を撮ると
45メートル圏内の「Color」ユーザー全員に写真が共有されるというもので、
フォローする必要もなく認証も必要がないそうです。

つまり、圏内に入った人には無差別に写真が配布されるという・・・なんとも面白い。
ツイッターの写真版という感じで、私もダウンロードしてみました!

そして、写真を撮る!!

からの、投稿!

・・・・だれも圏内にいない。。

今度は人の多い街中で検証してみたいと思います。。
結果は後日発表できればと。

失礼いたします。

2011年4月5日

本の「今」がわかる

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

さて本日は、リニューアルされたWebサイトのご紹介です。
と言っても弊社は全く関わっていない事例なのですが、たまたまニュースで見かけましたので・・・

“本の今がわかる 紀伊國屋書店”

kinokuniya

書店大手の「紀伊國屋書店」さんです。

いいなと思ったのは次の2点。

1、国内64店舗のスタッフが現場から記事を投稿する

いまや企業のWebサイトは、Webご担当者様だけのものではありません。
社内各所でリアルタイムに更新できる体制を・・・とはよく話題にのぼることですが、それを実際に徹底する難しさは多くのご担当者様が肌で感じていることかと思います。
分散して更新することで、情報の鮮度/ボリュームの面で競合と差がつくことでしょう。

2、他サイトからの情報を表示させる

自社で更新している情報に加えて、ニュースサイトや出版社サイトで更新された情報も表示させているようです。

本の「今」がわかる

というサイトコンセプトを体現した仕組みですね。
本のことなら紀伊國屋のサイトを見に行こう、というふうにユーザーに思ってもらうのが目的なのでしょう。

制作の現場を想像すると「このコンセプトを社内プレで通すのは難しかっただろうな・・・」というのがよくわかるサイトだったので紹介してみました。

もっと通販に力入れたサイトにしようよ

とか、

店舗スタッフにTwitterつぶやいてもらうのは難しいよ

とか、社内各方面からの意見は多かったと思うのです。

たぶん、

本の「今」がわかる

というコンセプトを考えたところが大きな勝因な気がしました。

それではまたお会いいたしましょう。

2011年4月4日

ソーシャルメディアってよく聞くけれど。

「最近、TwitterやらFacebookやらソーシャルメディアばっかりだねー」

今日、お客様が仰りました。
確かに今、ソーシャルメディアが全盛で、
Facebookのページをつくろう!
Twitterで集客だ!
と賑やかですが、その実、そこまで浸透していないのかも?

ソーシャルメディアを使うと、こんなに便利ですよ!
集客ができますよ!と、ご紹介する手法は施策はあれど、
やはり実際に馴染みのないものには手は出しにくいものです。

まずは、一緒に使ってみるとその楽しさがわかるのかな、なんて思います。

名前はよく聞くけど、なんだかよくわからないよ~!って方、
ご一緒にいかがですか?

Facebook
http://www.facebook.com/
Twitter
http://twitter.com/
クライスト・アドヴァンTwitter
http://twitter.com/#!/c_advan_jp

2011年4月1日

ライフハック

最近、業務にかかる時間が増えてきて、例えば情報の収集や
何処かに遊びに行くといった体験など、お仕事以外の時間がほとんど無かった訳ですが
そうなってくると「じゃあ、業務の効率をあげよう」とか「情報収集をもっと素早く」といった形で
どうにかしてやってやろうとなりますよね。

で、ライフハックの登場です。
ご存知の方も多いことと思いますが、ライフハックとは業務の効率を高めるための方法、
ひらたく言えば、仕事術です。

家に帰り、夜な夜なライフハックについて漁る訳ですが
本末転倒だと気がつくのです。

あれ、この時間でできなかったこと、できるじゃん。

結局、時間は作るもので
本当にやりたいことは、どうにかこうにか時間を作って
できちゃうんですよね。

やれていないのは、本当にやりたいと思っていないから。

という結論で締めくくりたいと思います。

今日はこの辺で。