2011年6月16日 のアーカイブ

2011年6月16日

【2】提案の引き出しを多くするために必要な5つの習慣

前回からの続きです。

 

提案の引き出しを多くするために必要な5つの習慣

 

【実際に体験する】

 

先日、開催してました「YOSAKOIソーラン祭り」もそうだと思いますが
踊りに参加する、運営に参加する、実際に観に行くといった体験をしないと
感動や共感、大変さ、ワクワク感などを感じ取ることが難しいと思います。

 

何かを体験することで物事が自分事化し、知識と組み合わせた
提案が出来るのではないでしょうか。

 

———-

 

【1つのテーマを掘り下げて深い知識を得る】

 

掘り下げなければ手に入らない知識=専門性はオリジナリティを高めます。
その他の知識と組みあわせることで、その人にしか生み出せない
貴重な提案が生まれます。

 

専門性を持つことは、自分自身の強みをさらに高めることになります。

 

———-

 

【統計データを見る】

 

何かを考える際に、洞察はとても重要になります。
また、新たな切り口を見つけることも提案においては大切なことです。

 

色々な統計データを見ることで、今まで気がつかなかった情報や
世の中の動きを知るキカッケを貰えます。

 

例えばですが札幌市ですと・・・

 

母子家庭の年収は?

 

東区に住んでいる方の平均年収は?

 

などなど、あまり見かけない統計データは
頭の中に入れておくことで、様々なシーンで役に立ちます。

 

———-

 

個人的な習慣を書いてみましたが、きっと皆さんにもそれぞれの
習慣があり、それぞれが考える良い方法があると思います。

 

自分自身の整理の意味も込めて、アウトプットしてみました。