2011年7月11日 のアーカイブ

2011年7月11日

WEBディレクションに必要なスキル

こんにちは企画・営業部の藤田です。


最近は社内のディレクターと仕事をするきかいが増えてきた為、
ディレクションについて勉強する事ができています。


そこで、『WEBディレクションに必要なスキル』をわかりやすくまとめていた本を見つけましたので
その内容を紹介します。

1.コミュニケーション能力・交渉力
クライアントと製作スタッフの間で、必要な情報のインプットと目的にかなった成果をあげるためにもっとも重要な能力がコミュニケーション能力。コミュニケーションは相手の立場や思考、そのときの状況に応じて、言い方や表現を変えなければいけない。時にホットに時にクールに、TPOによって使い分けるのが重要だ。

2.プレゼンテーション能力
企画力というのは3つのことを含んでいる。一つ目はコンセプト作りやコンテンツの展開、デザインなどの表現アイデアといった企画の内容部分。2つ目は企画書作成技術。シナリオメイキング、情報の整理、図解化、グラフィックによるイメージ想起などが含まれる。3つ目はその企画を魅力あるものとして伝えるプレゼンテーション技術だ。

3.マーケティング能力
サイト構築はCRM(Costomer Relationship Management)サイトやECサイトであることも多い。そのため、いかにサイトをマーケティングツールとして機能させるか、どのような戦略や手法によって効率的なマーケティングを行うかが非常に重要になる。クライアントの立場になってより、優れた戦略を立案できるようにしたい。

4.情報設計力
近年はインフォメーションアーキテクチャ(情報設計)が注目されている。サイトによる集客、来訪者への魅了あるコンテンツ提供、購買や問い合わせへと導く導線を確保する設計力。これには的確なナビゲーション、情報の配置、サイトの構造、各カテゴリーのラベリング(名前付け)など、ユーザビリティ全般も含まれる。

5.プロジェクトマネージメント能力
サイト構築は小さい会社を一時的に運営しているようなものだ。クライアントと製作スタッフに目を配り、ともすればバラバラに動いてしまう人々を共通の目的達成の為に、軌道修正する。

6.コスト感覚
制作内容や品質に関わる前提となるものがコストである。作業内容、人員、作業時間はすべてコストとなって返ってくる。

7.情報収集力
日頃からいろんな方面へ情報の大アンテナを伸ばしておく必要がある。Webの業界動向、クライアントの業界動向、一般的なニュース(社会、経済、政治、文化)はもちろん、今後拡大が期待される分野や技術についての知識を蓄えておきた。クライアントはディレクターのそうした知識や新しい提案にも期待を寄せているのだ。

8.WEB技術のノウハウ
サイト構築に関わるフロントエンド、バックエンドの基本的な技術に加え、日進月歩のインターネット業界の中で最新の技術動向もウオッチしておきたい。Webや雑誌などでチェックするのもよいが、プログラミング技術などは難解な面もあるので、日頃からプログラマやエンジニアと情報交換を行っておくとよいだろう。

弊社のディレクターは製作実績をみて頂いてもわかるように、素晴らしいディレクションをしています。
サイトを作りたいけど具体的に決めれない・・・という場合でもお気軽にご相談ください。

何かに諦めそうな時はこの曲を聞くと前向きになれますよ!!
プロフェッショナル仕事の流儀でかかっていた曲 をリンクしておきますね!!
 

それでわまた会いましょう!!