2011年9月9日 のアーカイブ

2011年9月9日

色の基礎知識

こんにちは企画・営業部の藤田です。

今回は色の基礎知識を勉強しましょう。

サイトをデザインする際にキーカラーに設定する色によってサイトのイメージは大きく
変わります。そこで、色別の効果と印象を比較してみましょう!

【赤】
情熱的で刺激のある印象を与える色といえばあ赤系の色だ。グレーと合わせるとビジネス系の配色と
してもつかえるなど幅広い表現力をもつ。彩度が高いと主張が強すぎてしまうので、広い色面で使う
時は明度を抑える必要がある。

【青】
企業サイトでもっともよく目にするのが青を基調とした配色計画だ。安定感や冷静さなど、ビジネス
に必要な姿勢や態度を表す効果がある。彩度や明度が高めの色を使うことで、より親しみのある表情
になる。

【緑】
自然や癒しといったイメージを表現する時は緑系の色を使うのが有効だ。組織や団体のサイトで、親
しみを演出するときにもよく使われる。彩度の高い色を広い面積に対して選ぶと配色の悪くなるので
、パステル系など、中間色を基調にするとよい。

【オレンジ】
食欲を引き出す色といわれ、食品にかかわる業種や家庭向けのサービスを提供する企業のサイトに多
く採用されている色がオレンジだ。女性的な活発さを楽しさも与えられる。他の色との相性もよいの
で、比較的使いやすい色でもある。

【グレー】
他の色と相性も良く、使いやすさで抜群の配色パターンがグレー系だ。シルバーに似た印象も与えら
れ、高尚さを表現できる唯一の色でもある。先進的な印象も併せもち、IT系サイトでは頻繁に使われ
ている。自動車関係のサイトでも使われる事がおおい。

勉強になりましたか?勉強になりましたね!

それでわまた会いましょう!!