2010年10月5日

木を見て森を見ず

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

この春ごろにリニューアルオープンしたとあるお客様のショッピングサイトが、ここ2ヶ月ほど売上が大幅に伸びています。

リニューアル前は月間30~40万円ほどでしたが、これが80~90万円を売り上げるまでになっているのです。

 

さてその原因は何でしょうか・・・?

 

・アクセス解析の結果をもとに離脱率の高いページを改善した

・リスティング広告文の調整を行いクリック率を2%も向上させた

・購入時のフォーム入力項目を削減し「カート落ち」を10%低減した

conversion11

、、、答えはイエスでありノーです。

これらを行わなかったわけではないのですが、結果的に一番効いたのはコレ ↓ でした。

 

ショッピングの取り扱い商品数を2倍に増やした

 

品揃えが薄いお店より豊富なお店が売れるのはリアル店舗でも同じことですよね?

Webマーケティングのテクニックでもなんでもないこんな基本的なことがポイントだったのです。

データを分析して地道にクリック率をコンマ数%改善していくとしても、たとえばアクセス数自体が月間1000だとしたらそれが何円の売上改善につながるでしょうか(当然アクセス数100万のサイトなら別です)。

その場合はまずネット上であろうが何であろうがとにかく集客策から手をつけるべきですよね。 

 

この世界にいると下手に細かいデータが取得できてしまうために細かい改善に夢中になりがちですが、実はそれ以前に大切なことを見逃している場合もあると感じた次第です。

 

それではまたお会いいたしましょう。