2010年10月19日

コピーの役割

久しぶりにコピーの話を。

下記のサイトは、Ricoh Japanの
new angle, new day プロジェクトというキャンペーンサイトです。

http://www.newangle.jp/

4人のクリエーターたちが独自の視点で切り取った作品の数々を紹介していく
キャンペーンだそうですが、その内容以上にTOP画面で目に飛び込んでくる
キャッチコピーが秀逸です。

たくさんのキャッチコピーがルーティンされているわけですが、
そのどれもが目を引き、心を奪う巧みさがあります。

視点を変える、とはこのキャンペーンのテーマなのですが、
なるほど、キャッチでうまく表現されています。

キャッチは人の目を引き寄せるために重要な意味を持ちます。

特にヘッドコピーで興味を与えることができれば、
ユーザーはボディコピーを読み、コンテンツに目を通します。

短いものは短く
長いものは長く
印象を与えたいのか
意味や理由を伝えたいのか

目的によってコピーをつくる視点も
さまざまに変わってくるものですね。