2010年10月26日

入力フォームを最適化。

WEBサイト内には、

『お問い合わせフォーム』や『資料請求フォーム』、イベントなどの『申込みフォーム』・・・

様々な入力フォームのページ存在します。

これらのページは、お客様と繋がることのできる、重要なページですよね。

 

御社のサイト、

 

【フォームページへのアクセスは少なくないのに、

お問い合わせ数が少ない・・・ということは無いですか?】

 

実は先日、こんな調査結果が出ていました。

◎とあるアメリカの会社が、40000人のユーザーがアクセスしたフォームページを分析し、

フォーム送信完了の妨げとなる入力項目を調べたとのこと。

その結果とは・・

▽年齢

▽住所

▽電話番号

 

の3項目でした。

ちなみに、住所は市町村だけでなく、番地も入力させる場合は、更に送信率が低下したそうです。

 

アメリカでの調査なので、一概には言えませんが、

この項目を見る限り、我々日本人にも十分当てはまると思います。

 

これを機に、フォームの内容を見直してみませんか?

気になるご担当者様、ご自分ではよく判らないが、改善する必要がある気がするという経営者様、

私達がお手伝いいたします。

 

お気軽にご相談ください。