2011年7月13日

無料サービスの落とし穴

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

つい先日、Googleマップにちょっとした変更がありました。

いままで「マイマップ」と呼ばれていたものが、「マイプレイス」へと変わったのです。

 

いやー便利になったなあということであればもちろん言うことないのですが、おそらくこのバージョンアップに伴うものと思われるバグがつい先週話題となりました。

 

マイマップ消滅

mymap

 

 

内容としては、「いままでに作成・保存してあったマイマップにアクセスできない」という致命的なものでした。

 

弊社でも7/9にこの現象に気づき、私も含め一部で真っ青になりました。

まさか今からGoogleマップを全部再登録するの、、、?????

 

マイマップにアクセスできない(地図を編集追加できない)とはいえ、これまでに作成した地図自体は表示されていたのでとりあえずGoogle側のバグフィクスを待つことにしました。

月曜に直っているのを見たときは心底ほっとしました。

 

ご参考:この件に関するGoogle技術者のコメント(原文は英語)

「ヘイ、○○○(投稿者の名前)、私たちもこの問題には気づいており、できるかぎり早く修正するようがんばってるよ。下記の掲示板でも議論されてるから見てみて。」(超訳)

 

 

、、、Hey, じゃないだろ、と思ってしまいました。

 

無料でGoogle様に使わせていただいている機能なので何とも文句の言いようがないのですが、好意的にみれば、「バグフィクスしてくれるだろう」という安心感があるのはGoogleゆえ、ですね。

 

 

それではまたお会いいたしましょう。