2009年12月7日

ユーザー目線でよい構成を

webクリエイティブ事業部の畠中です。

web制作をする際は構成には大きく悩んでしまいます。

構成を作るうえで重要なのはユーザー目線に立てるかどうか?ということです。

例としては一方的に情報を肥大化してしまい
ユーザーにとって必要な情報が埋もれてしまい見ずらいサイトになってしまうことがあります。

そのようにならないよう構成を考えていかなければなりません。

このことから

  1. ユーザー目線で目的の情報を明確化する
  2. 必要なコンテンツを選別する
  3. 誰でもわかりやすいように配置を考える

ということが重要になります。

発信側に立っているとどうしても主観が入ってしまい
あれもこれもと思い、中々受け側に立つのが難しくなります。

そのように感じたときには
私たちがお手伝いさせていただきます!

いつでもご相談下さい。