2009年12月24日

ネット社会は人との絆を断ち切るのか?

メリークリスマス。
今日はイヴではありますが、折角なのでご挨拶を。

さて、前回ブログを販促物として利用してもらうために。
というお話を致しましたが、本日はその内容に触れてみたいと思います。

まず、どれだけ検索対策をしたりランキングに登録したからといって、
中身に興味を持ってもらえなければ、ブログを閲覧した方々が
読者になってくれることは有り得ません。
人気のあるブログ、継続的に読者を増やしているブログは、
やはり「読ませる」魅力があるのです。

つまり検索対策が必要なのは、実質最初の段階だけで、
内容に興味を持たせれば、あとは何もしなくても人は集まります。
お店の販促と同じですね。顧客化です。
もしも、お店のブログであるなら新メニューやイベントの紹介は勿論、
従業員のプライベートな話題やおすすめ映画の紹介を織り交ぜるのも良いでしょう。
しかしここで気をつけたいのは、「誰にでもわかる」内容であること。
決して身内ノリや、あまりに個人的な私生活の話に特化しないこと。

ブログは確かに自分の書きたいことを書ける媒体ですが、
販促のひとつとして捉えるならば、やはり相手が何を望むかを
考える必要があります。
それは業種や客層によっても変わってきますが、
やはりじかにお客様と接する時と同じく、相手をどれだけ想えるか。
この一点に懸かってくるのだと思います。

こうして見ると、実際に顔を合わすわけではないネットの世界も、
実は人との繋がりが大切なのだと気付かされますね。

ネット社会による人と人との絆に関して、色々と騒がれて久しいですが、
決して、狭い限られた人のために存在するものではないのです。
一番身近なブログから、インターネットの力を活かしてはみませんか?