2009年12月26日

ランディングページを考える

—————————————————————————————————————-
12月25日で、クライストアドヴァンは12年目に突入しました!
—————————————————————————————————————-
 
■ 本日の話題 ■

—–> Webの限界? 80歳のおばあちゃんを集めたい! (別窓はこちら

—–> 大塚君に異変!? 笑顔が消えた、その理由とは (別窓はこちら

—–> 「先回り」で逃がさない ユーザーニーズと秋の空 (別窓はこちら

—–> とほほの情報リテラシー入門(古い?) (別窓はこちら
 
本日はここまで。
 
—————————————————————————————————————-

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いかがでしたでしょうか?

リンクをクリックしましたでしょうか?

コピーって難しいですね。
弊社には、私よりも何十倍も 「そそるコピー」 を書く者がおります。(ご安心ください)

ランディングページ(広告などを経由して、ユーザーが最初に訪れるページ)では
デザインやコピーの重要性が高まってまいります。

接客業で、よく聞く言葉ですが
「100分の1ではなく、1分の1です」 という、お客様視点も、しっかりと全体戦略に落とし込み
弊社では、いくつものラインディングページを戦略的に使用し、費用対効果を高めるご提案も行っております。