2010年1月6日

中国でホームページを作りたい。

そのようなお声を最近耳にします。
今日はそんな中華人民共和国についてのお話です。

中華人民共和国は、全人口が12億。
その中で、2009年1月。約1年前でネットユーザーが2.98億人。
ネット普及率は22.6%。
世界平均ネット普及率が21.9%となっておりますので、平均を昨年のこの時期で超えています。

実は、すごい速度で発展しています。
中華人民共和国以外にもアジアのインターネット普及率はかなりのものです。

その中でも中華人民共和国の人々のブロードバンド普及率が、半端ではありません。
90.6%以上の人がブロードバンドを利用中であり、
インターネットの主な使用目的は、求人検索、ブログの更新、インターネットショッピングなどの3項目が挙がっており、音楽や動画などの娯楽性の強いものの利用率は下降したとのことですが、
中華人民共和国でのホームページ制作に日本の企業が参加している現在があり、
これからは様々なモノが、どんどん増えていく可能性があります。

今後の展開が楽しみでなりません。

中華人民共和国でのホームページ開設自体は、
報道や出版などについての中央政府による規制が厳しく、インターネットに関してもかなりの規制がかけられているため、
そこは、詳しく調査し、今後のご提案につなげていきたいところであります。

また、中華人民共和国では、インターネットは一つのエンターテイメントとみなされている場合が非常に高いそうです。
そのため、エンターテイメント指向、営業サポート機能も踏まえた充実さをどんどん広げて行くことを視野にいれなければならないということになりますが、
西澤自身、まだまだいろいろなIT情勢を調べていかなければなりません。

広がりの奥が深い、ホームページやIT事情。
幅広く広げて行きたいと感じた今日でした。

ご挨拶がかなり遅れましたが、
2010年もよろしくお願いいたします。