2010年1月15日

いろいろな仕掛けをしていくために。

最近、よく耳にします。

「さがそう。」

「Google。」 ※CMはこちら http://www.youtube.com/watch?v=IFAl9zPCFIc GoogleCM。

Googleの様々なサービスをご存知ですか?

最近、良くCMが流れているGoogle。
Googleは検索によく使われます。そのGoogleに目を向けてみました。

Googleのサービスについて示してみます。

1)Google・・・通常検索。
2)Google ディレクトリ・・・人の手によって作られた「Google Web Directory」からの検索。
3)Google イメージ検索・・・画像検索。
4)Google ニュース・・・ ニュース検索。カスタマイズできる。
5)You Tube・・・動画投稿サイト。Googleが買収。
6)Google カレンダー ・・・ 高性能Webスケジューラ。
7)Gmail ・・・2GB以上の容量があるフリーメール。

このあたりは、日常耳にしたり、使用したりしている方が多くいると思います。
Googleでは、
1.検索サービス
2.地図サービス
3.Webサービス(個人ツール)
4.Webサービス(SNS・コミュニティー)
5.Webサービス(全般)
6.SaaS(サーバーソフト):ウェブ上で使うソフト
7.モバイル向けサービス
8.ウェブデザイナー・ウェブマスター向けサービス
9.プログラム開発者向けサービス
10.企業・組織向けサービス
11.広告事業
12.アプリケーション(デスクトップ用)
13.その他のサービス
14.Googleのお遊び
15.Googleが進めているプロジェクト
16.Googleが参加しているプロジェクト

これだけのプロジェクト、サービスがあります。
その中で、企業で使っていくことができ、効果的にホームページを宣伝していくサービスも
あるように考えます。
Googleのこのサービスを使って、このようにしたらどうだろうか?など様々なご提案が可能です。

前回のブログの”Twitter”も同様ですね。 ※前回のブログ
日常的に使われ始めているTwitterも、広告や知ってもらう戦略の一つです。

 
一つのものをご提案する際、いろいろな仕掛けづくりが大切だと考えます。
ただ使うだけ、ただ作るだけでは結果は数カ月後どうなるだろう。
様々な仕掛け、仕組みを使い、効果的に実績をあげなければならないと感じませんか?

余談ですが、実は、1月14日のニュースにも成っていたGoogleチャイナのお話です。

米Googleは2010年1月12日の公式ブログにて、中国版Google.cnの閉鎖を検討していることが
明らかになった模様です。
理由としては、”人権活動家に対するサイバー攻撃により言論の重が脅かされている”ということだそうですが・・・。
前回のブログを見ていただければわかるように、中国政府側はインターネットを監視下におき、
いろいろと見ている中、
中国で事業を展開する少なくとも20の大企業のサーバーを対象とした攻撃があったことが大きいようです。

中国でホームページを設立することは、本当に難しいようですが、
中国の方々に見ていただけるようなホームページを作成することは出来るのかなとやはり考えております。
これからの中国の動きに、西澤自身、注目をしています。