2010年2月19日

生産者の方々の声。

こんばんは。西澤です。
2月17日にマッチングフェアに参加してまいりました。
時間にして、およそ5時間程度。
講義をお伺いし、各グループに分かれてのディスカッション。
たくさんのご意見やご相談を承りましたが、一つ気づいたことがございました。

青果の仲卸をしております会社様とお会いしたのですが、
今までの流通経路ですと、生産者の方々から卸売業者があり、仲卸業者までの流れだったが、
今後の流れは、生産者の方々から直接、仲卸業者にいくようにし、そこから消費者に届くようにしたいということを
お話しておりました。

そのようにすることで、生産者の「生のお声」や「やりがい・苦労話」などが直に伝わりやすいのではないか・・・と。

ディスカッションを行っていく中で、そのひとつの手段としてWEBがあるというお話になりました。
今の時代、なんでもインターネット上で配信出来、色々なことを行える時代です。
インターネットの普及率もものすごい勢いですよね?

「パソコン」があまりわからない・・・という第一次産業の方が多いですが、
WEBをうまく利用し、一つ一つ丹精込めて作っているものをいかにして見せて、そして魅せていくか。

弊社でも、「だべさぁ」を開いておりますが、
そこでの魅せ方には、相当苦労がございます。
生産者の声を大事にしていこう!というモットーがあり、OPENした「だべさぁ」ですが、
WEBの販促活動、告知活動について、改めて考えさせられた1日でした。

様々な会社様の売りたい手法、消費者の視点に立った販促活動。
一緒に行っていけたら、最高です。