2010年3月10日

アカデミー賞に思う!

アカデミー賞の中でもその栄誉と格式が別格の賞である、「アカデミー作品賞」ですが、『ハートロッカー』に決まった
のは皆さんの知るところ。
監督はキャスリン・ビグロー監督。
『アバター』のジェームズキャメロン氏ともと夫婦だったことも有名ですね。いつも思うことは日本で上映がまだなときがあり、
早くやれよー、といつも思います。

さて、『ハートロッカー』はhurt lockerで hurtは「傷つける」の意味でthe hurt で「傷ついた人々」で locckerはロッカールームのloccker。
つまり、戦場の通称で爆死した人の棺桶を意味します。戦場の爆弾処理班の映画ですから・・・

決して heart roccker( ハートを釘付けにする人=色男?)じゃないことだけは強く言いたいです。
間違って恋愛映画だとは思わないように!

ちなみに私の中でのアカデミー(国内上映の昨年1月から12月)は ショーン・ペン主演の『MILK』が良かった。
その次は『マンマ・ミーア』だったなー、と思ってます。