2010年4月16日

無料でいいじゃないか

無料のパワーは、凄い。
どこからやってくるのか? という程の集客力を垣間見ることがあります。

しかし、絵画を無料で見れますよ。 といっても
異常な賑わいには、なかなか辿りつきません。

あるいは、サンプル配布も同様に。

では、何が無料であるべきなのでしょうか?

今は、体験だと思うのです。
ターゲットは、どんな体験で喜ぶのか?
その体験は、どんな性質のものなのか?
その性質は、どんな効果を生み出すのか?
その効果は、どんな行動を起こさせるのか?

販促費よりも安く済む無料化の場合は、チャレンジするに値するのではないでしょうか?
分母を増やすことも、絞ることと同じように重要ですよね。