2010年5月14日

アクセス解析進化論

Webサイトの効果を測るもののひとつとして、アクセス解析が上げられます。

現在はGoogleアナリティクスに代表されるように、
無料でも質の高いツールが増えてきました。

本日紹介するのは、有料のアクセス解析ツールになりますが、
Webサイトの分析や効果測定のために、
短期間でも導入することで、新たな発見があるかもしれません。

User Insight

ユーザーインサイト、というこのアクセス解析は
「どんなユーザーが」「どう見ているか」をマウスのスクロールによって
調査できるツールです。

ユーザーがどこを注視しているのか、
またどこまで読んでくれているかの指針のひとつとなります。

また、その結果に沿ってサイト改善をしたときには
効果を判断することもできます。

属性別の利用者頻度も推計可能なので、
Webサイト改善には一役買ってくれるかもしれません。

このように、Webサイト改善に役立つツールは多くあります。

アクセス解析は非常に有用なツールですが、
Webサイトを活用していく上では
決してそれだけにこだわらず、様々な評価指標を用意し
取り組んでいくこともまた、大切な施策だと考えています。