2010年7月27日

Webサイトをソリューションに

最近Webサイトに関するお悩みで、お客様からよく伺うことがあります。

「サイトをどれだけ綺麗にしても、来てもらわなければ意味がない」

全くその通りですよね。
数え切れないほどのWebサイトが存在する今、
作って終わり、では多くの人に見てもらうのは
難しい時代になりました。

インターネットの利用者が増えていく一方で、
Webから情報発信をする企業や個人も増えているのです。

それでは、集客についての施策を行いましょう。

というご提案はもちろん可能です。

インターネット広告やSEO対策、ネット外からの集客施策など、
考えられる方法は数多くございます。

しかし、次にぶつかる壁があります。

「アクセス数は増えたけれど、お問い合わせや申込みが増えない」

これでは、Webサイトを運営している意味がない。
そう思われる方も多いのではないでしょうか?

せっかく費用を掛けたのですから、それに対する効果は追わなければなりません。

そのためにも、Webサイト構築の際には

どういったユーザーが
どういった想いを抱き
どういった経路で訪れるのか

を考え、次に

サイト内でどういった動きをし、
どういった情報を求め、
何をもってお問い合せや申込みをするのか

という点を考えた上で、コンテンツに落とし込んでいくことが必要となります。

未来の可能性を考慮し、緻密な導線を張ること。
そして、必要なコンテンツを揃えておくこと。

弊社では、集客の道筋から目標までを考えた
Webサイトの構築を行います。