‘web’ タグのついている投稿

2010年1月13日

モバイルサイトの変遷

皆さんの会社サイトで、携帯サイトはお持ちですか?

 

持ってはいるが、うまく集客が出来ていない、

同業他社は携帯サイトを使った集客で上手く行っているようだ・・・又は、

必要な気はしているが、どうすれば良いか分からない・・・などのお悩みはありませんか?

 

もちろん業種・業態によって、必要・不必要それぞれあるかとは思いますが・・・。

 

しかし、総務省が昨年発表したデータによると、

携帯ビジネス市場は前年比17%増の1兆3千億円以上となっています。

これは明らかに拡大傾向と考えられます。

 

まだまだ携帯でインターネットなんて・・・。PCのサイトばかり出てくるのでは・・?

とのご意見もあるかと思いますが、

Googleの発表によると、昨年末(先月です)携帯の検索結果のシステムに改良をし、

より多くの携帯用コンテンツがインデックスされるうようになったそうです。

どう言うことかというと、

より検索内容に適した携帯用サイトが、検索結果に表示されるようになった、ということです。

 

この様に日々進化をしている携帯サイト、

2010年、新しい年になり、ますます携帯サイトの必要性が出てくる可能性があります。

 

何かお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

2009年12月28日

ネットだけでは成り立たない

こんにちは、Webマーケティング事業部の福本です。

先日、お客様からこのような質問をいただきました。

「Yahoo!の検索画面に、ウチの店名を出せるの?」

、、、あ、いや先日の「虫めがね」の話ではありません。
下記をご覧ください。

札幌駅 カフェ

たとえば 「札幌駅 カフェ」 で検索すると、このような地図が出てきます。
ここに「イノダコーヒ」等々、店名が出ていますね?
(余談ですがイノダコーヒ、好きです。京都が本店で、寺めぐりの合間で行ったなあ。。。)
さてこれに表示させるのには何か方法があるのだろうか、と。
たしかに、SEOして1位に表示させるよりも目立っていますね。少なくとも位置的には。

というわけでまずはYahoo!地図のヘルプを見て、Yahoo!グルメのヘルプも見て、おしえてGooで類似質問探して、、、とリサーチ。
どうもスッキリした答えが出ません。
そんなとき、みなさんならどうします?

私は電話したかったです。
Yahoo! さんに。
でも問い合わせ電話番号って載ってないんですよね。

Yahoo! さんの場合は電話番号など載せた日には問い合わせ数もモノスゴイことになるので、載せないのも当然といえば当然なのですが、これが皆さんの運営するWebサイトだったらどうでしょうか。

「対応がめんどうくさいからメールフォームだけ設置しておけばいいや」

、、、これでは、お客様を逃してしまうと思いませんか。

とかくWebサイトというとネット上でのコミュニケーションだけを考えてしまいがちですが、ああ、従来のコミュニケーション手段との連携も忘れてはいけないなと、ユーザの立場で使ってみて改めて気付いたのでした。

(ちなみに上記の地図に載せる方法ですが、以前知り合ったYahoo!のご担当者様に直接聞いてみました。えっと、、、詳しくは福本までどうぞ!)

2009年11月20日

目的を踏まえてのご提案

こんにちは!Webマーケティング事業部の福本です。

 

とある病院様からこのような依頼を受けたことがあります。

——————————————————————————-

依頼その1 「札幌市 ○○科」「札幌市 ××科」で検索上位に表示させたい

依頼その2 コンテンツは現状のサイトのままで、デザインを新しくしたい

——————————————————————————-

さてこれを受けてご提案をどうしたものかと、つらつらとその病院様のサイトを調べておりました。

 

そのうちにいくつかのことに気付きました。

  • 「○○科」と「××科」(「内科」とか「消化器科」の「科」です)のコンテンツが混在しているうえに情報量が少ない。
  • そもそも「○○科」で検索することより、「糖尿病」「心筋梗塞」などの症状名で検索するユーザーのほうが多い。
  • 現状サイトは基礎的な医療情報にとどまっており、その病院様ならではの治療法や特色に関しての訴求が弱い。
  • 何より「初めての病院で、どんなお医者様(及び看護士等のスタッフ様)が診てくれるのか心配」というユーザーのインサイトに応えていない。

 

ここで、そもそものご依頼の裏にある目的を考えてみました。

 ——————————————————————————-

目的その1   地域に居る想定ユーザーをより多くサイトに誘導すること。

目的その2  誘導したユーザに適切な情報を与えること。

目的その3  閲覧したあとに「この病院で診てもらいたい」と思わせること。

 ——————————————————————————-

ピックアップすると当たり前のことばかりです。

が、ご依頼内容がそれを満たしていないと考えましたので、あえてご依頼内容を目的に合わせて変えたバージョンもご提案することにしました。

  • 「コンテンツをキーワード(及びユーザニーズ)に合わせ構成しなおし、かつ内容も充実させる」
  • 「SEOに関してはキーワードにしばられずにリニューアル後の経過をみて取り組む」
  • 「独自の治療法を訴求するコンテンツを追加し、スタッフ写真やコメント等も多用する」

 

、、、その結果、そのうちのいくつかが実際に採用され、無事リニューアルとなりました。

その後、サイトからの受診問い合わせも増えたとのことで、ひと安心している次第です。

 

ご依頼に沿った提案をすることは基本ですが、ときには本来の目的を踏まえてご依頼内容を改めることも必要だと感じた一件でした。

 

それではまたお会いしましょう!

2009年11月18日

予測と想定

本日札幌は、吹雪のような一面が見え、
雪かきを想像してしまうと鈍よりしてしまった webクリエイティブ事業部の畠中です。

話は変わり、
ホームページを作る際には、
出来る限りの予測と想定をしておくと必ず将来につながります。

その予測と想定とは、

「今は入れられないけど将来的にはこういうコンテンツを入れたい」
や、
「こうゆうキャンペーンは考えられる」

など、この先どのような事が起こりえるのか?
ということを制作前に想定することは、重要なことです。

この予測と想定は、デザイン・ページ構成にも影響がでます。

たとえば、

「○○のコンテンツを増やしたい んだけど。。。」

というのはよくある話です。

それが、想定されていた内容であれば、
メニューのデザインやレイアウトを追加できるようにデザインをする。

などが前提として作っておけます。

それは、お客様にとってメリットになります。

メリット1:追加コンテンツの納期短縮
メリット2:つぎはぎサイトにならない(しっかりと構成されたページ追加ができる)

などなど

後々コンテンツを追加するというのは良くあります。
その中でよくある事は、追加が想定されていなかったために、どんどん無理やりコンテンツを増やし、
その結果として、見づらいサイトになってしまう。

また、その結果として、サイトのリニューアルが必要になってしまう。

そういったことを回避するためにも、
思い当たるものは、なんでもお気軽にご相談下さい。

より良いサイトをご提案いたします。

2009年11月2日

Webサイトにまつわる課題は全国共通

はじめまして、クライストアドヴァンWebマーケティング事業部の福本です。
本日より始まったこのブログ「Web制作の現場から」、トップバッターとしてつたない文ではありますがお付き合いください!

さて私、2週間ほど前から東京営業所に単身赴任しております。
これまで札幌で2年間さまざまなWebサイトの制作に携わってきましたが、今回東京に出てきて思ったのは

「札幌でやってきたことは間違ってないな!!」

ということです。

もちろん私自身まだまだ勉強することだらけですし、札幌のWeb業界が遅れを取っている部分は多々感じています。
ですが、たとえばクライアント様からいただく要望ひとつとっても、その奥底にある課題は札幌と似通っていたりします。
ということはつまり、東京のWeb会社が提案・解決できていない問題がそこにあるということだと思うのです。
そしてその問題のいくつかは、弊社が札幌で取り組んできたものであったりもするのです。

「サイトを定期的に更新しているのに、アクセスが増えていない」
「リスティング広告を出稿しているがクリック数が増えるだけで効果が実感できない」

クライアントの皆様がWebサイト運用の担当者としてさまざまな施策を行っていくなかで、その「目標」を明確に設定してそのための「対策」を取り、かつその「効果」を測定して改善していくのは非常に負担が大きい作業です。
コスト削減の波が押し寄せている昨今、そういった業務をよりコスト面でメリットのある札幌などの地方へアウトソースするのは賢明な選択肢のひとつかと思います。

このブログが、そういったひとつひとつのケースを現場からの視点でご紹介していく場となればと思っています。
皆様のWebサイト改善のヒントとなるよう、日々更新していきますのでどうぞお楽しみに。。。