‘仕事’ カテゴリーのアーカイブ

2011年2月4日

体調管理

こんにちは企画・営業部の藤田です。
 
仕事をしているとたくさんの管理をしなくてはいけませんが
今回は体調管理について触れてみます。
 
以前に 著者・五藤雄一郎さんの「血管が若返る本」を読んだ事があります。
その中に興味深い話しがありましたので紹介させて頂きます。
 
皆さんは徹夜をする時に、飲み物に気をつけた事はありますか?
私はこの本を読むまでは徹夜をする時に意識して飲み物に気をつける事は
ありませんでした。
 
本を読んでから徹夜をする時に意識して飲むようにしたのは○○です。
以下、「血管が若返る本」の一部を抜粋。
 
「日本茶の中でもカフェイン量が多いのは、上等なお茶、抹茶や玉露です。
抹茶の場合、コーヒーのように一日に何杯も飲む人はまずいないし、砂糖
を入れるはずがなく、さほど神経をとがらせる必要はありません。
とくに煎茶や番茶、ほうじ茶なら、まず安心です。
コーヒーや紅茶に比べてカフェイン量はずっと少ないので、徹夜の仕事には
出がらしの番茶などを飲んでいたほうが無難だというものです。」
 
○○の答えは、番茶です。徹夜には番茶がいいみたいですね。
 
最近は気温の温度差が激しいので、うがい・手洗いをしっかりして、体調管理
にきおつけましょう。
 
情報管理でお困りの場合は、弊社でお手伝いが出来るかもしれません。
興味がございましたらお気軽にお問いあわせください。
詳細ページはこちら

2011年1月19日

タスク管理

こんにちわ、吉田です。

ディレクション業務の中で最近悩みが一つ。

帰り時間が遅くなってしまっている。

原因の1つとしては、
業務のタスク管理が細かなところまで細分化されておらず、
時間の無い中で突発的な事柄や業務でハマってしまうと、
途端にこれは何をいつまでにどのようにどのくらいの時間を使えるのか、ということが混ざってしまい効率が悪くなっているということです。

いろいろ試してはみたのですがピンと来るものが無い中、
上司に薦められたのがご存知の方もいらっしゃると思われますが
Remember The Milk」というタスク管理ツール。

” たとえば牛乳を買うといったことも忘れなくてすみます。”
わかりやすいキャッチコピーですね。

カレンダーベースでタスクを表示するインタフェースは持っていないのですが、
Googleカレンダーと連動させ、iPhoneでの管理もできる便利なツールです。
しかも、同じ案件の方とも共有できるので相手側もToDoが明快にわかるも魅力的です。

そうして効率よくタイトに時間を使い、
勉強や仕事以外の多くの事柄にもふれる時間が増えることによってより多くより良いアイディアを生む種を得ようと考えております。

本日は以上でした。それではまた。

2010年8月31日

泣ける仕事

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

さてつい先日(8/30)、「朝活」なるものに行ってきました。

札幌駅前の紀伊国屋書店のビルで行われたのですが、30日のテーマは

 

「デザインは人生を楽しくする」

 

ということで、設計事務所(?)アトリエテンマの長谷川さんが講師でした。

 

Webとインテリアデザインという違いはあれ、何か得るものがあれば・・・と思ったのですが、デザインというよりは仕事への取り組みかた・その姿勢という点で大きな刺激を受けてまいりました。

 

内容としてはアトリエテンマさんが8月に銀座にオープンした「椿サロン」の開店までのお話しでした。

tsubaki

 

長谷川さんはこの椿サロンを「記憶に残る伝説の店」にしたいと考えたとのことで、そのために妥協なくプロジェクトを進めていった様子を話してくださいました。

一例をあげると、店の中央に置くテーブルにどうしても使いたい木材があったのだがそれが「ウン百万円」もする木材で、しかしあきらめきれずに交渉して○○(事情がありそうなので伏字にします)というお願いをして使わせてもらえるようになった、とか。。。

 

相当思い入れのあるプロジェクトだったのか、お話の後半で何度か感極まって声を詰まらせながらの講演でした。

 

「泣けるような仕事って最近しているかな・・・」

 

と思い返したひとときでした。

 

みなさまも銀座へ行く機会がありましたら、ぜひ「椿サロン」へ立ち寄ってみてそのテーブルに触れてみてください!

 

それではまたお会いいたしましょう。

2010年8月23日

選ばれるプロフェッショナル

選ばれるプロフェッショナル ― クライアントが本当に求めていること

amazonのレビューでも高評価の書籍、お読みになられた方もいらっしゃるとは思いますが
最近、読み直しております。

我々、Webの業界でも、求められている人材は同様で
Webの知識はもちろんですが、幅広い知識と対応力が求められます。

Webの知識だけでは、本当に効果的なWebは作れません。
ということは、クライアントからの支持を頂けないということに繋がります。

まだ、お読みになられていない方は、是非。

2010年6月7日

ちょっと便利な・・

最近、偶然何人かのお客様に同じことを聞かれましたので、

今日はソレについて紹介します。

 

「添付ファイル送ったんだけど、容量重たいみたいで送れないんだけど?」

「容量重たいのって、メール送れないですよね??データはCDに焼いて渡せば良いですか?」

「なんかファイルを送れるサイトがあるって聞いたんだけど、教えてくれる?」

などなど。。

 

はい。

インターネット上には、無料で使用できるファイル送信サービスなるものがあります。

 

そのサイトにアクセスし、送りたいファイルをアップロードし、送信先のアドレスなどを入力するだけ。

アップロードには若干時間かかりますが、容量的に添付ファイルで送れないなどの問題はクリアできます。

 

以下にいくつか紹介しますので、お試しください。 ※各サイトとも、弊社とは関係ありません。念のため。

宅ファイル便  皆さん使用されてます。50MBまでは無料です。

ファイルオクール こちらも50MBまで無料です。個人的にはネーミングが好きです。

データ便 一部無料で使用できます。

ファイヤストレージ   私自身は、イチオシです。無料で2GBまで使用できます! これは、送信サービスではなく、アップ後にダウンロード用URLが表示され、そのURLを自分のメールで相手に送る仕組みです。(短縮URL対応で使いやすいです)

 

本日は以上でした。それではまた。

2010年6月5日

トップダウンのスピード感

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

週末にTwitterを見ていたら、驚愕のやりとりを発見しました。

ソフトバンク孫正義社長をフォローしているのですが、↓のような投稿があったのです。

masason

 

歌手の浜崎あゆみさんがソフトバンクのCMに出演したいというふうに孫社長にTwitterで直訴したのです。

それに対し孫社長も「やりましょう」と即答。

その後、代理店もしくはCM制作会社のかたと思われる人物からも「調整します」というような投稿があり、さらには写真家の蜷川実花さんからも「写真は私に撮らせてください」というつぶやきが。

 

masason02

 

これがソフトバンクの決断スピードなのか、と非常に感心した次第です。

これに対応する社員さんたちの苦労も想像に難くないですが・・・

 

さて実際に浜崎さん出演のCMがOAされるのか、そしてそれがいつになるのか。

ちょっと楽しみですね。

 

それではまたお会いしましょう。

2010年4月19日

ブランディングは1日にして成らず

こんにちは、Webマーケティング事業部の福本です。

皆さん、マクドナルドの店頭で、こんなものをご覧になったことはありませんか?

mcCoupon

あらかじめケータイに専用アプリを入れておいて、店頭でこれにかざすとクーポンが使えるというものです。

導入されて半年以上経つので、ご覧になったかたも多いかと思います。

 

私の元仕事仲間(というか大先輩ですが・・)がこれに関わっており、1ヶ月ほど前にお話しを伺う機会がありました。

 

「はじめは、よくある四角い読み取り端末だったんだけど、どうにも普通でつまらないなと。だからマックらしい『スマイル』を意識して、円い端末にしてもらったんだ。」
「ケータイをかざすとI’m lovin’ it.のジングルが鳴るようにしてもらいたくて、本国からジングルの楽譜取り寄せて・・・(以下略)」

 

・・・店頭ツールひとつにこの気遣い。このこだわり。

ブランドをつくっていく。そして維持し守っていくということの一端を見た思いでした。

 

それでは、またお会いいたしましょう。

2010年3月29日

日々悩む

ITと呼ばれる技術は一体誰のものなのか?

ウェブに限ると、そもそも、大学の論文を整理して探し出しやすくするための技術を起源としています。

でもそれは、便利な技術だったからこそ普及し発展しました。

そして、寝たきりだった人が起業したり、遠隔地でも仕事ができたり、さまざまなシーンで

可能性を与えてくれました。

この特性こそ重要だと考えております。

今うちの母が72歳。根気よくインターネットを教えています。

電源を入れるところから始まって・・・

お年寄りが使えてこそインターネットの役目だと考えてます。

日々お年寄りにも役に立つITを思案中です。

何かヒントがあれば メールください。

2010年3月19日

幅の広い仕事

最近は、意欲的に仕事の幅といいますか
ご提案する内容の幅を広げています。

私がクライストアドヴァンに入社したときは、自分の武器はSEOだけでした。

しかし、現在ではWebサイトのお打ち合わせにも関わらず
それ以外のご相談に、お答えする時間が増えてまいりました。

その結果、より多くのお仕事に、参加させていただく機会も増えてまいりました。

考える際の「切り口」を、より多く持つこと。
また、新たな「切り口」を探し続けること。

お客様に問題点や解決案を気付いて頂くためには
自分自身が気付いていないと、そういった方向に進まないことが多いのです。

よりよいアイディアは、多くの経験と、知識、そして柔軟な「切り口」の変化で
生まれる物という考えに至りまして
まだまだ覚えることがあるぞ。と改めて感じました。

2010年2月25日

「儲かる」よりも「役に立つ」

今日はある本を紹介します。

野村進著 『千年、働いてきました』(こちら

です。

 

企業の平均寿命が30年~40年程度といわれるなか、創業100年以上の企業が日本には10万社以上と数多く存在しています。

この本では、「老舗」と表現される企業達の「長続きした理由」が実際のエピソードと共に語られています。

《余談ですが、世界一の長寿企業も日本の会社なんです!

創業は西暦578年 (今年1432周年です)の社寺建築会社です》

ここに紹介されているどの会社にも共通して言えることは、「儲かる」よりも「役に立つ」ことを常に選択し続けてきた。ということです。

これって、シンプルなんだけれど、凄いことだと思いませんか?

会社として、「儲かる」ことは、とても重要です。でもそれだけではなく、大事なことを忘れていないというか。。

 

まさに我々クライスト アドヴァンも、会社名の由来が「仕事で何かプレゼントをしていきたい」「笑顔になってもらいたい」「喜んでもらいたい」等の想いを込めて付けられており、通じるところを感じます。

これからますます、仕事を通して「役に立つ」存在になって行きたい、と思いました。