‘モバイル’ カテゴリーのアーカイブ

2010年6月10日

テレビ番組の内容が一目でわかる!

Yahoo!Japan検索の新機能をご存知ですか?

テレビ番組名を入れて検索すると、そのテレビ番組中に紹介された商品や
スポットを表示するサービスをスタートしたそうです。

ダイレクト検索のひとつであり、テレビ番組の放送がわかってしまうという
なかなか面白い機能です。

スーパーニュースで検索

アルゴリズムがどうなっているのか気になるところです。

現在対応しているのは、東京のキー局だけだそうですが、
各地の番組情報が知ることができれば、かなり役立ちそうですね。

しかしながら、テレビで気になった情報を検索するときには、
どちらかと言えば、モバイル端末でこうした機能が実装されていると
有難い気もします。

Yahoo!モバイルでの検索アルゴリズムもアップデートされ、
モバイルでのインターネット閲覧も日々、進化しているようです。

このように実際に使う人に役立つ機能がもっと増えていくと良いですね。

2010年5月7日

I PHONEなどスマートフォンの市場について

スマートフォンのなかでも、とりわけI-PHONEはその販売数はすさまじい。

JEITA(日本電子情報技術産業協会)の集計によると、2008年度(2008年4月~2009年3月)の携帯電話の累計出荷台数は3,585万台。総務省による携帯電話・PHSにおけるソフトバンクのシェアは、18%程度となっている。純増数もあるし、キャリアごとに端末の買い換え率も異なると思うので、いささか乱暴ではあるが次の計算を試みてみる。

全キャリア出荷台数(3,585万台)×シェア(18%)=645万台

 これを12カ月で割ると、毎月のソフトバンクの端末販売台数はザッと54万台ということになる。これのうち何%がiPhoneかは不明だが、都内にはソフトバンク端末の半分がiPhoneだという販売店もあるという。54万台のうち、iPhoneが10万台や20万台という数字だったとでしても、ヘンではないだろう。 (出典:アスキー総研 【所長コラム】「0(ゼロ)グラム」へようこそ Act.29 より)

人口4500万人のフランスで累計出荷台数が100万台を突破しました。
日本ではまだ100万台までは聞こえてこないのでまだ達成していないとは思いますが、
全く、新しい形態のジャンルのコミュニケーションツールが数十万の単位で普及しているという事実である。

接触メディアのセグメントが複雑になっている昨今、
限りなく数十万のユーザーに届く独自のプラットフォームをもつI-PHONEは独自の発展を遂げている。
特に日本は昨年度、世界中でもっともアプリの開発、専用サイトの制作数が旺盛です。
対前年で300%の伸びを見せ、さらに今年に入っても開発の伸びは落ちていない。

そのうち、無料アプリが大半。

この活況を見て、

コミュニケーションの手段がますます、マス媒体から離れている印象を受けます。

この流れ、WEB制作会社も重く受け止めなければならない現実です。
既存の流れではない何かが、市場で起こっているのです。

取り残されないようがんばらねば。

2010年1月13日

モバイルサイトの変遷

皆さんの会社サイトで、携帯サイトはお持ちですか?

 

持ってはいるが、うまく集客が出来ていない、

同業他社は携帯サイトを使った集客で上手く行っているようだ・・・又は、

必要な気はしているが、どうすれば良いか分からない・・・などのお悩みはありませんか?

 

もちろん業種・業態によって、必要・不必要それぞれあるかとは思いますが・・・。

 

しかし、総務省が昨年発表したデータによると、

携帯ビジネス市場は前年比17%増の1兆3千億円以上となっています。

これは明らかに拡大傾向と考えられます。

 

まだまだ携帯でインターネットなんて・・・。PCのサイトばかり出てくるのでは・・?

とのご意見もあるかと思いますが、

Googleの発表によると、昨年末(先月です)携帯の検索結果のシステムに改良をし、

より多くの携帯用コンテンツがインデックスされるうようになったそうです。

どう言うことかというと、

より検索内容に適した携帯用サイトが、検索結果に表示されるようになった、ということです。

 

この様に日々進化をしている携帯サイト、

2010年、新しい年になり、ますます携帯サイトの必要性が出てくる可能性があります。

 

何かお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。