‘販促’ カテゴリーのアーカイブ

2011年5月18日

あなたごのみの・・・

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

だいぶん前からあるサービスなのですが、たまたま先日実物を手にする機会があったのでご紹介します。

チョコラボキットカット

kitkat

チョコ菓子「キットカット」のパッケージに、お好みのメッセージや画像を入れて販売するというサービスです。

kitkat2

私が見たのは、とある舞台に出演した役者さんが、観に来てくれた友人に配っていたものです。

その子の写真と、「来てくれてありがとう」的なメッセージが入っていました。

ふだんスーパーやコンビニで見ている商品のパッケージが「パーソナライズ」されているだけなのですが、実際に手にすると新鮮な驚きがありました。

Webの世界にも「パーソナライズ」の波が来て久しいですが、これをヒントに新しいアイディアにつなげたいですね。

それではまたお会いいたしましょう。

2011年4月4日

ソーシャルメディアってよく聞くけれど。

「最近、TwitterやらFacebookやらソーシャルメディアばっかりだねー」

今日、お客様が仰りました。
確かに今、ソーシャルメディアが全盛で、
Facebookのページをつくろう!
Twitterで集客だ!
と賑やかですが、その実、そこまで浸透していないのかも?

ソーシャルメディアを使うと、こんなに便利ですよ!
集客ができますよ!と、ご紹介する手法は施策はあれど、
やはり実際に馴染みのないものには手は出しにくいものです。

まずは、一緒に使ってみるとその楽しさがわかるのかな、なんて思います。

名前はよく聞くけど、なんだかよくわからないよ~!って方、
ご一緒にいかがですか?

Facebook
http://www.facebook.com/
Twitter
http://twitter.com/
クライスト・アドヴァンTwitter
http://twitter.com/#!/c_advan_jp

2011年3月7日

アフィリエイト広告

こんにちは企画・営業部の藤田です。
今回はアフィリエイト広告に関して少し触れてみます。

アフィリエイトは以前からプロモーション活動において、よく使われている手法になりますが、
どこの企業で登録したらいいの?って悩む事もあると思います。

そこで今回は、アフィリエイトで集客する為に必要な基本知識をお話しできたらなと・・・
思っています。

アフィリエイトで成果をあげるポイントとしては、アフィリエイターが販売促進しやすい
ランディングページを作成する事です。これは、記事内に設定したリンクの飛び先が
商品を紹介する上で解りづらいページだと、サイトからすぐに直帰してしまいます。
ここを改善する為に、ランディングページを作成しておく事で、直帰率を改善できる効果
がある事と、作ったランディングページはリスティング広告の運用などにも活用できます。

細かい内容になると、自社商品の販売促進を得意とするアフィリエイターが数多くいるのか?
提携アフィリエイターに定期的に配信するメルマガの内容をうまく書けるか?
定期的にアフィリエイターに使用してもらうバナーを変更できるか?
など数多くありますが、まずは、アフィリエイト会社のサイトをたくさんみる事をおすすめして
みます。

使い方によっては、SEOやリスティング広告よりも効果がでる場合もあるみたいです。
導入が決まった場合には弊社でランディングページの作成などもできますので、お気軽
にご相談ください。

それでわまた会いましょう!!

www.linkshare.ne.jp screen capture 2011-3-7-19-13-40

www.valuecommerce.ne.jp screen capture 2011-3-7-19-16-29

www.a8.net screen capture 2011-3-7-19-16-8

2011年2月21日

誰のために楽しみますか?

「自分が面白いと思うこと」をやるべきか?「他人が面白いと思うこと」をやるべきか?

というタイトルで先日、編集家で京都精華大学教授の竹熊健太郎氏と、
Jコミ代表取締役社長で漫画家の赤松健氏の対談が行われました。

上記のリンクは内容をまとめたブログなのですが、なかなか面白い中身となっております。

「自分が面白いことをやるべきか」
「他人が面白いことをやるべきか」

この二つが合致していれば最高ですが、そういった機会にはなかなか恵まれません。

特にWebサイトは制作者や経営者(もしくは担当者)の
思い入れだけで作っては成功する確率は低いかもしれません。

対談の中でも語られておりますが、
「自分の好きなことをやって、その夢が叶うのは10年後でもよい」という想い。

それは、商業的には背水の陣であり、目標とするものが
収益の向上だったり、顧客の獲得であるならば、
避けるべき道といえるかもしれません。

俗に言う売れっ子のクリエイターの方々は、
「自分の好きなものをつくっているわけではない」と、
口を揃えて言います。

重きを置く要素がユーザー満足度の向上である以上、
そのユーザー視点からモノをみなくてはなりません。

しかしながら残念なことに、こんなデータがあります。

サイトのデザインは90%は消費者の意見を参考にせず

実際に多くのターゲットに訴求できるWebサイトを目指すためには、
消費者が何を求めているのかを知る必要があります。

ユーザーの楽しい、役立つ、ためになる、は
自身の希望や楽しみとは異なるかもしれませんが、
うれしさに繋がる場面には多く出会える可能性もあります。

Webサイトを制作するとき、キャンペーンを行う時、
まずは一度、お客様の喜ぶ顔を想像してみませんか。

違った発想や切り口が思い浮かぶかもしれません。

2011年2月9日

Android au

昨日、友達がスマホに乗り換えたと言ってました。
スマートフォン強いですね。
弊社ではスマートフォンサイトの制作も承っております。

そんな僕はamadanaです。

さて、レスポンス広告を考えるにあたって
お客様にもさまざまな段階があるそうです。
以下、上から順に

甲.常連客
乙.既存客
丙.トライアル客
丁.見込み客
戊.準見込み客
己.認知客
庚.未認知客

このようにマーケティング活動では「各顧客階層のパイをいかに拡げるか」「各階層の顧客をいかに上へと昇華させるか」
という課題を解決することが目的で、
一番下の階層の「未認知客」を「見込み客」もしくは「トライアル客」に押し上げるために打つ広告
つまりあなたのお店、あなたの商品をまったく知らない「未認知客」に対して、いきなり来店や購買、さらには
何らかの行動に移してもらわなければならないというです。まさに荒行

これをあなたのウェブサイトに置き換えた場合、
リスティング広告やポータルサイト、友人の紹介などからウェブサイトに訪れることは多々あると思います。
しかし訪れてくれたユーザーをどう導いたら「資料請求はこちら」を押してもらえるのか?
どんなコンテンツを仕掛けると「ツィート」や「いいね!」からのバイラルを生み出せるか?
何をアピールすることでイベントなどのリアルな現場へ足を運んでもらえるのか?

このような最終的な成果(ゴール)を得るために必要な要素とはいったい何なのでしょうか。
あの本には大きく分けて4つあると書いていました・・・

つづく

2011年2月2日

今日は2月2日♪

日本全国の麩ファンの皆様お元気ですか?
今日は「麩の日」だそうです。
一週間ぶりの投稿です。
前回の投稿で広告・デザインのゴールはどこにあるのか?
日々悩んでます。と書きましたが、
意外とすぐに答えが見つかりました。
「事例ごとに違う」という。
そりゃそうだと言ってしまいたくなる、
禅の指導者が言うような答えでした。
しかしそれでは納得がいかないので、さらに掘り下げました。
すると”ある本”に、広告にはイメージ広告とレスポンス広告との2種類があって、
クライアントの目的別にビジュアル設計を使い分けなくてはならない。と書いてありました。
イメージ広告というのはファッション誌VOGUEの最初の4~5ページ目の広告が近いと思います。
あの広告を解読できる人はそうそう居ないと思います。まさにイメージ広告。
そしてもう一つのレスポンス広告というのが2大広告表現のもう一つの表現方法だそうです。
このレスポンス広告とはなんぞや?を、ただいま勉強中です。
そしてこのブログにアウトプットすることで理解を深めたいと思います。

日本全国の麩ファンの皆様お元気ですか?

今日は「麩の日」だそうです。

一週間ぶりの投稿です。

前回の投稿で広告・デザインのゴールはどこにあるのか?

日々悩んでます。と書きましたが、

意外とすぐに答えが見つかりました。

「事例ごとに違う」という。

そりゃそうだと言ってしまいたくなる、

禅の指導者が言うような答えでした。

しかしそれでは納得がいかないので、さらに掘り下げました。

すると”ある本”に、広告にはイメージ広告とレスポンス広告との2種類があって、

クライアントの目的別にビジュアル設計を使い分けなくてはならない。と書いてありました。

イメージ広告というのはファッション誌VOGUEの最初の4~5ページ目の広告が近いと思います。

あの広告を解読できる人はそうそう居ないと思います。まさにイメージ広告。

そしてもう一つのレスポンス広告というのが2大広告表現のもう一つの表現方法だそうです。

このレスポンス広告とはなんぞや?を、ただいま猛勉強中です。

そしてこのブログにアウトプットすることで理解を深めたいと思います。

では。

2011年1月27日

自分の周りのビジネスTwitter(ツイッター)

先日こんな話をききました。

◎某映像会社M社長>>

最近ツイッターで営業しているんですよ~。

ダイレクトメッセージ機能でメッセージを送ってアポを取ったりしていて、結構効果的です。

 

◎某環境系企業S部長>>

最近ツイッターで営業を~・・・・

 

◎某飲食関連オーナーさん>>

最近ツイッターで仕事が~・・・・ 現在の混み具合とかも・・・

 

 私の周りでは、このような話を最近多く耳にします。

様々なメディアで、ビジネスでの活用や、実際に取組を紹介されている有名アカウントもありますが、

出来る範囲から上手に活用している方が、身近に多くいるとは!

 

先日、福本のブログでもツイッターについて書いたとおり、今後もまだ注目です。

企業での利用にお悩みの方は、当社まで、ご相談を。

2010年11月2日

お歳暮ショッピング

ショッピングサイトを運営されている皆様、

今年のお歳暮商戦は、何か対策はされていますか?

 

過去のデータを調査すると、

「お歳暮」というキーワードの検索は10月から徐々に伸び始め、

11月も更に上昇し、12月の2週目にはピークを迎えることがわかります。

WS000225

※これは、過去5年まで遡ってもほぼ同様の推移でした。

 

 

ちなみに、

今年の「お中元」時期に調査した情報を参考に少し紹介します。

 

◎「お中元」というキーワードを検索した目的

WS000226

ご覧のとおり、インターネットで注文するためという回答が、一番多かったです。

 

 

続いて、

◎今年のお中元は、どのような方法で購入したか

WS000227

 

 こちらも「店頭」購入を抑え、

「インターネット」購入が多くの割合を占めているのがわかります。

 

このことからも、インターネット経由の「お歳暮」商戦にチカラを入れる必要を感じませんか?

 

 でも、

何をすれば良いの?というご担当者様、

お気軽にご相談を。

今ならまだ何とか間に合います!

↓ ↓ ↓

お問い合わせはこちらからどうぞ。

2010年10月6日

秋、北海道を感じる大収穫際

こんにちは。

 

本日は当社クライアント、バウムクーヘンでお馴染みの北菓楼様についてご紹介します。

 

今週末の10月9日(土)・10日(日)・11日(月・祝)の3日間、

北海道砂川市にある本店にて、

大収穫際を開催します。

WS000183

砂川産のりんご「つがる」や、同じく砂川産のかぼちゃ「あかずきん」←カワイイ名前ですね。

を使った限定商品を始め、この3日間限定の秋の味覚たっぷりの美味しいスイーツ達が店頭を賑わせてくれるそうです。

WS000184

店内は試食もいっぱいあると思いますので、

興味のある方は是非、足を運んでみてはいかがでしょう。

WS000185

2010年9月24日

品質ランクが下がる要因

以前、リスティング広告の品質ランクについてブログに書きましたが、
品質ランクが下がる大きな要因の一つは、
やはり検索クエリと広告文のマッチング。

検索されるキーワードに対して的確なアンサーとなる広告文でなければ、
品質ランクは必然的に低くなってしまいます。

これは、広告グループを細かく区切り、
キーワードに適した広告文を作成することで
凌げる問題ではありますが、例えば100個のキーワードに対して
100個の広告文を常に作るわけにはいきません。

そのために、まずは広告グループを細かく設定する必要があります。

「靴」に関する広告を出すとき、
女性用、男性用、子供用、リハビリ・・・など
分けられる要素が思いつきます。

しかしさらに、女性用の靴をほしがっている人の
興味の度合い、ブランド、地域など、
より詳細に絞って広告グループを設定していきましょう。

それぞれのニーズや属性が同じ種類別に
グループ分けすることで、必然的に
キーワードと広告文がマッチングするようになってきます。

その上で、ユーザーニーズに合致したページで
待ち受けることが、非常に重要です。

ただ、広告を出稿するだけ。
ただ、Webサイトを公開するだけ。

それでは、情報に溢れた現代においては埋もれてしまいます。

今以上に効果を追求するために、
隙のない戦略立案を、ご提供致します。