‘アイディア’ カテゴリーのアーカイブ

2011年6月16日

【2】提案の引き出しを多くするために必要な5つの習慣

前回からの続きです。

 

提案の引き出しを多くするために必要な5つの習慣

 

【実際に体験する】

 

先日、開催してました「YOSAKOIソーラン祭り」もそうだと思いますが
踊りに参加する、運営に参加する、実際に観に行くといった体験をしないと
感動や共感、大変さ、ワクワク感などを感じ取ることが難しいと思います。

 

何かを体験することで物事が自分事化し、知識と組み合わせた
提案が出来るのではないでしょうか。

 

———-

 

【1つのテーマを掘り下げて深い知識を得る】

 

掘り下げなければ手に入らない知識=専門性はオリジナリティを高めます。
その他の知識と組みあわせることで、その人にしか生み出せない
貴重な提案が生まれます。

 

専門性を持つことは、自分自身の強みをさらに高めることになります。

 

———-

 

【統計データを見る】

 

何かを考える際に、洞察はとても重要になります。
また、新たな切り口を見つけることも提案においては大切なことです。

 

色々な統計データを見ることで、今まで気がつかなかった情報や
世の中の動きを知るキカッケを貰えます。

 

例えばですが札幌市ですと・・・

 

母子家庭の年収は?

 

東区に住んでいる方の平均年収は?

 

などなど、あまり見かけない統計データは
頭の中に入れておくことで、様々なシーンで役に立ちます。

 

———-

 

個人的な習慣を書いてみましたが、きっと皆さんにもそれぞれの
習慣があり、それぞれが考える良い方法があると思います。

 

自分自身の整理の意味も込めて、アウトプットしてみました。

 

 

2011年6月14日

こんなところでも売れちゃいます。

企業のホームページをご担当されている皆さまも、ご注目中のフェイスブック、

 

 

 

最近は、ここで自社の商品を紹介するだけでなく、売ったりもしてます。

 

 

 

海外の洗剤ですが、P&Gの「Tide」などは、もう完全にショッピングサイトになってしまってますね。

 

WS000443

 

 

 ここまでやらないにしても、新たなメディアとして、活躍できる方法があると思います。

  

 

   

まわりの会社もフェイスブックを始めたみたいなので、自分もっ!!と

  

 

  

ご検討されているご担当者さま、ご相談に乗ります。

 

  

 

 

 

 

 

2011年6月8日

提案の引き出しを多くするために必要な5つの習慣

日々、様々な課題を解決へ導くための提案を行っているのですが
振り返って企画書などを見てみると、幅が広がったなと感慨深いものがあったりなかったり。

 

課題解決のご提案をする際に、色々とヒヤリングをさせていただきますが
こちら側の知識が少ないと効果的な話の聞き方が出来ないことがあります。

 

つまりは、解決に繋がる提案(アイディア)が難しくなるということに。

 

では、提案(アイディア)の引き出しを増やすための取り組みとはなんでしょうか?
個人的な習慣を5つ並べてまみした。

 

1、集合知を利用して幅広く知識を得る
2、人と話す機会を多く持つ
3、実際に体験する
4、1つのテーマを掘り下げて深い知識を得る
5、統計データを見る

 

———-

 

【集合知を利用して幅広く知識を得る】

 

RSSなどでの情報収集は勿論ですが、RSSでの情報収集は
自分自身の好みが大きく影響しますので
速報性に優れていますが、一方で情報に偏りが生まれてしまいます。

 

それらを解決するためには、ソーシャルブックマークがとても有効なのです。
例えば、はてなブックマークですとカテゴリに分けられた幅の広い情報を
一覧で見ることができます。

 

また、NAVERまとめなども役に立ちます。

 

———-

 

【人と話す機会を多く持つ】

 

人から得る情報にはいくつか種類がありますが
業界の情報と個人の体験談は、何かを考える際にとても役に立ちます。

 

業界の常識は世間の非常識といった内容は課題の解決に繋がりやすいですし
個人の体験談はユーザーの気持ちを考える際に重宝します。

 

パソコンとにらめっこも必要ですが
そこでは手に入らない貴重な知識が手に入ります。

 

———-

 

ちょっと長くなりましたので、続きは次回に。

2011年6月2日

ショートカットキーの壁紙

こんにちわ企画・営業部の藤田です。

ショートカットキーを使いこなせると、作業時間を短縮できますよね?

そこで、ショートカットキーを壁紙にするというアイディアはどうでしょうか・・・

私はこの方法でショートカットキーを覚えましたよ!!

是非、一度お試しください。

ショートカットキー

2011年5月28日

これっくらいのお弁当箱に

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

 

唐突ですが、こんなお弁当箱ほしくないですか?

bento

名前とは裏腹に考え抜かれたユーザーインターフェースを持つタブレットのデザインコンセプト「弁当Box」(GIGAZINEより)

 

iPadに代表されるいわゆるタブレット端末なのですが、名前が「Bento Box(お弁当箱)」というそうです。

お弁当箱の中身は、以下のような感じです。

「弁当Book」 15.4インチ、16:10 OLCDのモニタ+外箱

「弁当Pad」 11インチ、21:9 OLCDのタブレット端末

「弁当Pod」 1TB SSDの音楽プレーヤー

「弁当Phone」 4インチ、16:9 OLCDのスマートフォン

「弁当Pack」 太陽電池式充電のリチウムイオン二次電池バッテリー

もうこの名前だけで欲しくなりますね。

 

お弁当Padをキーボードにしてノートパソコンのように使ったり、お弁当Phoneがマウス(というかトラックパッド)代わりになったりと、組み合わせることでさらに便利になるとのこと。

 

残念ながらまだコンセプトモデルということで、実際に製品化されるかどうかはわかりません。

もし実現されたらiPhone & iPad & Macbookの組み合わせをしのぐ話題を集めるのではないでしょうか。

こういう将来的なコンセプトを考える仕事は、夢がありますね。

 

 

それではまたお会いいたしましょう。

2011年5月25日

ipad2であれこれ

先月からipad2を打ち合わせで使用するようになって、常に持ち歩いているため、
あれこれ使う機会が増えています。

 

中でも、ipad2ではカメラが搭載されました。

 

そんなipad2の使い方を今日はご紹介します。

 

「写真を撮る」

 

中島公園の桜

 

ipad2はタブレット端末ですから、携帯電話より遥かに大きい訳ですが
おもむろに鞄から取り出し、撮影すると、周囲の人々がビビります。

 

でかっ!

 

写真の向こう岸にいるおじい様がめっちゃ見てました。

 

—–

 

「写真を撮る~その2」

 

打ち合わせ中、ipad2を常に出してwebページ等を見てお話をしている訳ですが
まさかカメラでシャッターチャンスを狙っているだなんて、誰も想像していません。

 

カシャッ!

 

と鳴り響くシャッター音で打ち合わせ中の方々が凍りつきます。

 

—–

 

「秘密兵器の動画撮影」

 

打ち合わせ中、ipad2はテーブルの上に立てたり置いたりしています。
立てている場合は、私にしか画面が見えませんので、動画撮影のチャンスです。

 

こっそり動画を撮影して、おもむろに再生。

 

繰り返される先程の会話。

 

脱線した話で記録に残したくなかった恥ずかしい会話が再生されると
該当者の耳と顔が徐々に赤みを帯びて・・・。

 

—–

 

と、使い勝手の良いipad2。
ビジネスにもプライベートにも大活躍します。

 

お持ちでない方は、是非ご検討を。

2011年5月23日

猫も大好き

iPadをはじめとするタブレット端末に関しては、前回の福本のブログにもあるように、

活用の幅が広がっている状況です。

本日はこんな活用例をご紹介します。

↓ ↓ ↓

http://www.gamesforcats.com/

 

 

なんと、

 

ネコちゃん用のアプリが登場してました。

 

 

しかも、あの大手キャットフードの会社から!!

 

 

実際にネコが遊ぶ動画を見ましたが、

この激しいアタックに、iPadのパネルは耐えられるのか?

という疑問の声も?

 

しかし、人間以外でも直感的に操作が出来るなんて、

将来は、タブレット端末を使ってペットとコミュニケーションが出来たりする

夢のような時代が来るのかもしれませんね。

2011年5月20日

iPadで「いらっしゃいませ」

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。





さて巷ではチラホラとiPad2を手に入れた!という声を耳にするようになりました。
たしかにあの薄さ・軽さは魅力的ですね。。。
ひさびさに物欲をそそられるデバイスです。



さてそんなiPadをはじめとしたタブレット端末を活用したソリューションが、先日の「スマートフォン&モバイルEXPO」で発表になりました。

ipad01




たとえば会社の受付に普通の内線でなくこんなふうなものが置いてあると、便利さはもちろんですが何よりカッコイイですね。
やりようによってはTV電話風にもできるのではないかと思います。


ほかにもデジタルサイネージとしての活用例などもあったそうで、開発側に所属する立場としてはワクワクしてきます。




弊社ではiPad/Androidタブレット向けのアプリ開発も承っておりますので、「これは!」という活用法を思いついたらまずはお気軽にご相談ください。





それではまたお会いいたしましょう。

2011年5月18日

あなたごのみの・・・

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。

だいぶん前からあるサービスなのですが、たまたま先日実物を手にする機会があったのでご紹介します。

チョコラボキットカット

kitkat

チョコ菓子「キットカット」のパッケージに、お好みのメッセージや画像を入れて販売するというサービスです。

kitkat2

私が見たのは、とある舞台に出演した役者さんが、観に来てくれた友人に配っていたものです。

その子の写真と、「来てくれてありがとう」的なメッセージが入っていました。

ふだんスーパーやコンビニで見ている商品のパッケージが「パーソナライズ」されているだけなのですが、実際に手にすると新鮮な驚きがありました。

Webの世界にも「パーソナライズ」の波が来て久しいですが、これをヒントに新しいアイディアにつなげたいですね。

それではまたお会いいたしましょう。

2011年5月10日

Facebook係長!

こんにちは、Webクリエイティブ事業部の福本です。


皆さんは「ハム係長」ってご存知ですか?

企業公式Twitterでいまや数多くのゆるキャラが出てきていますが、ハム係長はFacebookページでのゆるキャラです。


ではご紹介しましょう、これがハム係長です!


itoham


まさに、ゆるキャラの王道ともいうべきゆるさですね。


食肉加工品メーカー「伊藤ハム」のFacebookページの担当係長(?)としてフィーチャーされているキャラクターです。

これを公式Facebookページに採用したところに伊藤ハムという企業の懐の深さを感じます。


御社の社内でこういったゆるキャラを上司に説明して、役員プレゼンにかけて、、、と実現させる場面を想像してみていただけると、それを実感できると思います。


実はこの会社、私の勤めていた会社なのですが、、その当時は正直なところ「すこし広告宣伝のセンスがいまひとつな会社」という印象がありました。

そんなわけで、この「ハム係長」をみたときは、控えめに表現しても「驚愕した」と言ってもいいくらいです。


時が変われば人も変わり、企業も変わるということなのですね。


、、、皆様の会社も、変わってみませんか??


それではまたお会いいたしましょう。